<チェック表>WEBサービスを立ち上げるまでにやらなければならないこと(2013年版)

275 SHARES
Photo by Iain Farrell

個人的なブログの「<チェック表>WEBサービスを立ち上げるまでにやらなければならないこと」という記事にいまだにアクセスがあるのですが、だいぶ情報が古くなっていて、申し訳ないという気持ちで2013年版を書いてみました。制作以外にやらなければならない事のTODOリストとして使っていただければと思います(順不同)。

1) ドメイン

サービス名が決定したら、ドメインが利用可能か調べます。優柔不断なあなたには、ドメインの取得をギリギリまで遅らせる事をおすすめします。途中で心変わりしてサイト名が変わったりしますからね。

2) サーバーのレンタル

サービスを公開するサーバーを確保します。サーバーの種類はルート権限が使える、VPSかクラウドタイプがおすすめです。サーバーはネットなどで調べて安定しているものを選ぶといいでしょう。安いものなら月980円くらいからレンタルできます。

ちなみにこのサイトは、NTTコミュニケーションズCloundN\7,560/月で運営しています。NTTさん!これを読んでいたらスポンサーになってください(笑)。

3) SNSアカウント

必要であれば、Twitterのアカウント・Facebookのファンページを作成します。

4) SNSボタン設置

拡散を狙うためにFollow meやいいねボタンなどを忘れずサイトに設置します。最近では、Pocketボタンもかなり普及しているみたいです。

 

5) スマートフォン対応

スマートフォンでも見れるようにしたい場合は、レスポンシブ対応にするといいでしょう。Twitter Boostrapなどのフレームワークを使うと比較的簡単に実装できます。

6) Open Graph

FacebookなどいくつかのSNSでは、Open Graphのメタ記述が使えます。Head要素内に以下のメタタグを挿入します。設定は任意ですが、シェアされやすい画像やタイトルを考え設定しておくと、バズりやすくなります。

<meta property="og:title" content="startapp">
<meta property="og:type" content="blog">
<meta property="og:description" content="Startappの説明です">
<meta property="og:url" content="http://startapp.jp/">
<meta property="og:image" content="http://startapp.jp/og/image.png">
<meta property="og:site_name" content="サイト名">

 

7) ブログ・SNS強化

SNSやブログを使って宣伝するなら、拡散力を強化しておきましょう。ブログならブクマフィーバー、TwitterならRT祭りが意図的に起こせるようになっておくと楽です。

Twitterの場合は、Webサービス用に取得したアカウントよりも、普段使っている個人アカウントの方が強い場合があります。また、ブログを書く場合は変にオフィシャルブログとして書くよりも、個人用のブログとして書く方がいいです。ここら辺の理由は、いつか記事を書きます。

8) アクセス解析

Google Analyticsなどのアクセス解析は必ず設置しましょう。でないとリリース後、今自分のサイトで何か起きているかわからない状態になります。Google Webmaster Toolを利用する場合は、同時に設定を行いましょう。

自分がアクセスした場合、除外されるように設定しておくのを忘れないように。

フィルタの設定は、アナリティクス設定フィルタから

9) favicon

ブックマークされたときのアイコンを変えたいなら、Faviconを作成して配置し、METAタグを追加します。作成したら、metaタグも忘れないようにしてください。faviconを置いていないと、やたら404エラーがログに残るので何かおいていた方がいいです。

<link rel="shortcut icon" href="/favicon.ico" type="image/vnd.microsoft.icon" />
<link rel="icon" href="/favicon.gif" type="image/gif" />

 

10) Apple Touch Icon

iPhoneiPad用のHome画面用のアイコンです。必要であれば設置し、メタ情報を追加しましょう。

<link rel="apple-touch-icon" href="/img/apple-touch-icon.png" />

 

11) Windows ピン止めサイト用アイコン

IE10, Window8でピン止めした際に表示されるアイコンらしいです。144x144PNGで作成します。また、msapplication-TileColorはタイルの背景色の設定です。

<meta name="msapplication-TileImage" content="/img/meta/mstile-144.png" />
<meta name="msapplication-TileColor" content="#2AA4CF" />

 

12) sitemap.xml 

効率よくGoogleにクローリングされるために、sitemap.xml を作成して、Web Master Toolから送信しましょう。送信が面倒な人は、バッチか何かで1日1 ping を送るようにするといいです。sitemap を使った場合のクローリングは、通常のクローリングとは別でスケジュールされているようで、驚くほど速く大量にインデックスしてくれます。

13) RSS 

毎日更新されるようなコンテンツであれば、最新情報をRSSで配信することを考えます。また、作成したRSSフィードを自分でFeedlyなどに突っ込んでみてどのように見えるかチェックしておきましょう。

14) SEO対策 

キーワード、Canonical URL, noflow など基本的なSEO対策も忘れずしておきます。404ページとかマイナーなページとかって結構忘れていたりしますね。

15) キャッシュ

Firebugなどを使い、Expiresヘッダーなどが適切に発行されているかチェックしましょう。特に、CSSや画像などは、キャッシュさせることでリクエスト数を減らすことができます。mod_expires を使った制御がおすすめです。

ExpiresActive On
ExpiresByType text/javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType text/css "access plus 7 days"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 7 days"
ExpiresByType image/png "access plus 7 days"
ExpiresByType image/x-icon "access plus 7 days"
ExpiresByType text/html "access plus 1 days"
ExpiresByType image/gif "access plus 7 days"

 

16) IEテスト

IETesterを使い、IE6,7,8の表示を一応確認して、簡単に対応できそうであればちょこっと修正します。あきらめるのも1つの手かなー。

17) Google URL申請

早めに、Google URL申請 でサイトのURLを送信して、検索結果になじむようにしましょう。場合にもよりますが、申請直後は順位が安定しなかったり、突然消えたり安定しないことがあります。また、急ぐ場合はGoogle Web Master ToolFetch As Googleを使うとすぐにインデックスしてくれますのでお勧めです。

Fetch As Google 実はすごいやつ

18) robots.txt

クローリングさせたくないディレクトリや、クローリング間隔を指定したい場合は、robots.txt を配置します。

19) ブクマ揺れ対策

TopページのURLが揺れていないかリンクをチェックします。"/", "/index.html" などとURLが揺れていると、Share数が分散してしまうのでもったいないです。アーリーアクセスページを作る場合は、/early-access.html といった本来のTopページのURLではないURLを使うようにします。

20) 404ページ

デフォルトのヤツだとダサいので、何か作って配置しましょう。

21) Open Search

検索系のサービスなら、Open Searchによる検索プロバイダを提供することが考えてみる。

<link rel="search" type="application/opensearchdescription+xml" href="/search" title="検索" />

 

22) アフリエイト

サイト内でアフリエイトをするのであれば、Google AdSense, A8, Amazon などアフリエイトの申請をしましょう。

Google Adsenseを使用する場合は、hosts ファイルを書き換えて誤って自分でクリックしてしまわないように対策することをお勧めします。

23) 告知の準備

プレスサイトに掲載するなら、プレスリリース本文やブログで告知(あるいは釣る)なら、ブログの文章を用意します。手前味噌ですが、このサイト(startapp)では開発者インタビューが作れます。

 


今回は、Webサービス製作意外の対外的なところにフォーカスしてTodoリストを作ってみました。製作に夢中になっていると結構忘れるんですよね。何か忘れている気がするときは、このリストをチェックしてみてください。


SHARE

友達にもシェアしよう

275


Discussion



Recent posts