未経験からたった一人でコツコツ開発!楽天セール品検索 開発者インタビュー

14 SHARES

今日は、楽天のセール品だけ探せるサービス「楽天セール品検索」の開発者のISDshinichirouさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

楽天セール品検索は、どんなWebサービスですか?

ISD 日本最大のECモール「楽天市場」で売られているセール商品だけを検索できるサイトです。タイムセール、期間限定セール、スーパーセール対象の商品もヒットするようになっていて、文字は少なめのシンプルデザインが特徴です。なので、動作も軽いですよ。

そもそも 楽天セール品検索 を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

ISD 楽天使いにくいなぁ。ってのをなんとなく考えていて、笑。あ、もちろん楽天は素晴らしいサイトだと思うんですけど、なんとなく文字が多いというか、色が主張しすぎというか。何かこう、シンプルに、探しやすくできないかなぁと。で、今もですけどweb系の企画職をやりながら、なんとなくプログラミングやデザインを勉強していて、惰性でやっててもつまらないので目標を持ってやろうと思って作りはじめた次第です。しかしダラダラやっていたので1年以上かかってしまいましたけれど、笑。

機能面でこだわった点などありますか?

ISD 動作を軽くさせる事ですね。余計な情報は出さないとか、キャッシュさせるとか。余計な情報と言っては失礼ですが、「楽天セール品検索」では商品名や説明文言は表示していません。そのあたりは利用者の方自身が本家楽天で確かめてもらえれば良いかなと。あと、キャッシュさせるのは絶対やりたかったですが、苦労しました。なにぶん素人なもので。あとはスマホ対応ですね。こちらはCSSのフレームワーク、Bootstrapをつかいました。

あまり経験がない中、どのように作ったんですか?

ISD とにかく調べまくりました。まず「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門」という本を見ながら見ながらPHPの知識を身につけつつコツコツやるんですけれど、全ては賄えないんですよね。たとえば、「楽天セール品検索」では検索結果に「○○%OFF」って表示しているんですけど、これは正規表現の知識が必要で、本には書いてないので、とにかくグーグルに聞いてみたり。あと、インフラはさくらのVPSをつかっているんですけど初期設定などはドットインストールというサイトがなくてはできなかったと思います。Twitter Bootstrapについても同様です。ドットインストールさまさまです!

最後に、これからの目標について教えてください。

ISD 自分の考えたもの、作ったものが利用されるって嬉しいです。勉強にもなるし。もっといろいろ作ってみたいです。とくにソーシャルサービスがここ数年の流行なので、FB連携やTw連携を取り入れて自然とコンテンツが量産されるようなCGMをつくってみたいです。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

14


Discussion



Recent posts