ユーザーが登録しあう検索結果共有ブックマークサイトPluSearch-検索結果共有サイト 開発者インタビュー

9 SHARES

今日は、ユーザーが登録しあう検索結果共有ブックマークサイト「PluSearch-検索結果共有サイト」の開発者のPluSearch管理人さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

PluSearch-検索結果共有サイトは、どんなWebサービスですか?

PluSearch管理人 PluSearch(プラサーチ)は有益だと思ったサイト・ページを、タグやコメントと併せてユーザ同士が登録し合うことで、より有益なサイト・ページを探すことが出来る検索結果共有サイトです。ユーザの経験を「プラス」して検索できるサイト。それがPluSearchです。 また、ソーシャルブックマークサイトとしても利用できます。

そもそも PluSearch-検索結果共有サイト を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

PluSearch管理人 ズバリ検索をもっと確実・便利にするためですね。機械的に検索結果を表示するGoogleYahooなどの検索エンジンでは、ユーザーが探し求めている情報を的確に表示することは難しいと思います。そこで過去に同じようなことを探そうとしていたユーザーが存在したとして、その時の「経験」をプラスして検索結果として表示することが出来れば、より正確な情報を得られることが出来ると思ったのがきっかけですね。

PluSearchの特長を挙げるとしたら何になりますでしょうか?

PluSearch管理人 PluSearchには会員登録を必要とせず、誰でも自由に検索結果を共有することが出来る点でしょうか。会員登録となると、まず登録自体が手間になってわずらわしく思ってしまいますし、個人情報の流出を心配する人も少なくないと思います。気軽に投稿できるようにすることで、様々なユーザー層からの検索結果共有を期待しているという狙いがあります。

最後に、これからの目標について教えてください。

PluSearch管理人 何か情報を探すときは最初にGoogleYahooで検索するのではなく、まずはPluSearchで検索してから、となることが最大の目標です。ぜひ皆さんがこれまでに検索して得られた情報を共有していただき、有益なサイト・ページをどんどん登録していっていただければと思います。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

9


Discussion



Recent posts