腕のある美大生が名刺を展示世界に一つだけの名刺を作る。名刺美術館 開発者インタビュー

3 SHARES

今日は、腕のある美大生が名刺を展示「名刺美術館」の開発者の尾崎文政さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

名刺美術館は、どんなWebサービスですか?

尾崎文政 私の最初の名刺、あんまり見て頂けなくてがっかりしたんです。名刺交換会、異業種交流会から帰り、頂いた名刺を見ても『誰だこれ』ってことありませんか? でも、僕はちょっと名刺のデザインに投資をしただけで、次まで覚えてくれたんですよ。名刺美術館は、発掘した美大生が新進気鋭な視点で、名刺を作品として展示しています。しかも、少しの投資をすればあなたのためにフルオーダーメイドで名刺をデザインしてくれます。

そもそも 名刺美術館 を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

尾崎文政 知っていましたか?美大生って非常に忙しいんですよ。作品制作とかで、結構お金もなくなるし、時間もなくなる。それに追い打ちをかけるように、キツい居酒屋などのアルバイトが待っているんです。。もし、自分のスキルを活かせて、短時間でできる仕事、それも自分の芸術活動につながる。そんな仕事があったら役にたてるなと思ったのですよ。名刺を買うことで、美大生の未来に投資ができるのです。

機能面でこだわった点などありますか?

尾崎文政 そうですね。たくさんの応募があったのですが、結構絞りました。まだまだデザイナーを集めておりますが、美術館なのでこだわりを持ちました。他の名刺デザイン制作サービスは安さに特化していますが、下流の宴をしていても仕方がないので、少しお金をかけてでもいいものが欲しいという方は、きっと多いはず。名刺はメイクみたいなものなので、ビジネスマンとして、しっかりしたメイクをすべき部分だと思っています。

どんな美大生がいるのですか?

尾崎文政 武蔵美や多摩美などです。フリーランスでも、あ、この人いいセンスしてると思った方にはお声がけしています。注文の内容に応じて、その人の希望するデザインにマッチしたデザイナーと直接で結びつけます。油彩やっている子とかはすごいデザインで持ってきますので、それがフルオーダー名刺の醍醐味ですね。

セミオーダー6000円、フルオーダー9000円何が違うのですか?

尾崎文政 セミオーダーは、『こんな感じのイメージで、』がわかるような写真やポスターを参考にデザインを作るんです。その分、デザインが早く済むのでお安いのです。フルオーダーは、会社のイメージとか詳しい話を聞いて、名刺を作ります。名刺サイズとはいえども、ちょっとお金をかけるだけで受け取る相手の表情が変わります。人とは違うものを持ちたいとか思う方、長く使えるかっこいいデザインにしたいという方にオススメです。起業したとき、初期投資を抑える、のではなく、生涯共にするものですから名刺こそ、お金をかける部分だと思います。

最後に、これからの目標について教えてください。

尾崎文政 世の中で、こうなればいいのに。。と思うことがたくさんあるので、それを100個実現しようと思います。この名刺美術館は、私が芸術系の学校に行けなかった悔しさ?といいますか、そういう部分にも関わりたいという気持ちもありますし、友人が芸術系に行っており、『美大生忙しい問題』を解決したいな と思って作りました。残りは、98個なので頑張ります。最終的には小樽市長になりたいですがね。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

3


Discussion



Recent posts