海外旅行用シチュエーション別翻訳フレーズ集Excuse Me 開発者インタビュー

2 SHARES

今日は、海外旅行用シチュエーション別翻訳フレーズ集「Excuse Me」の開発者のTatsuya Ishikawaさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Excuse Meは、どんなWebサービスですか?

Tatsuya Ishikawa Tatsuya Ishikawa : 海外旅行時に使える、実用的な翻訳フレーズを約200個掲載しています。旅行先の国の言語(現在:英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国語、日本語)を選択しシチュエーション別に目的のフレーズを探すことが出来ます。登録などの必要も無く、無料でご利用いただけます。

そもそも Excuse Me を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Tatsuya Ishikawa Tatsuya Ishikawa 2015年夏に、同名、同内容にて翻訳フレーズ集のアプリを公開しました。ユーザー様より、「スマホの容量がパンパンなのでアプリをこれ以上インストールしたくない」、「PCやゲーム端末のブラウザでも調べたい」などのご要望を多くいただきましてウェブブラウザでもご利用可能なWebサイトを構築いたしました。

機能面でこだわった点などありますか?

Tatsuya Ishikawa Tatsuya Ishikawa : アプリは翻訳したい言語別にダウンロードする必要がありますがWebサイト版ではシチュエーション別に言語の切替を可能としておりますのでワンストップで各言語の翻訳フレーズが探せます。また翻訳フレーズはtwitterだけではなく、LINEでもシェアを可能としました。

どの様なシチュエーションが掲載されていますか?

Tatsuya Ishikawa Tatsuya Ishikawa : 空港、電車、タクシー、バスなどの公共交通機関や、ホテル、レンタカー、観光、お買い物、レストラン、カフェ、ファーストフードなどのご利用シーン、そしてトラブル、病気・怪我、あいさつ、交流などのカテゴリがあります。

アプリとの違いは何ですか?

Tatsuya Ishikawa Tatsuya Ishikawa : ご利用にはインターネット環境が必要になります。またネイティブの音声再生機能は、Webサイト版には実装されていません。

海外での通信コストが心配なのでオフラインでも利用したい、ネイティブの音声を聞きたい、現地で再生をしたい、という場合には、アプリ版をご利用されることをお勧めします。

最後にまとめと、これからの目標について教えてください。

Tatsuya Ishikawa Tatsuya Ishikawa : 海外旅行や海外出張などで、例えば飛行機の機内で「入国審査の書類をもらいたい」ですとかホテルで「部屋を変えて欲しい!」、レストランで「窓際の席に座りたい!」などの要望を伝える際にそのフレーズがパっと出てこないことも多いですよね。現地でのそんなシーンでの会話のきっかけにご利用いただければと思っております。

翻訳サイトやアプリは数多く有りますが、旅行用のフレーズを誤変換無く、探せるものは未だ多くありません。他の翻訳サービスやアプリと併用してご活用いただければ幸いです。

日本や世界の海外旅行者、そして訪日観光客を迎える方々にも便利に使っていただける様にWebサイト版、アプリ共に、対応言語や翻訳フレーズ、機能を拡大していきたいと考えております。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

2


Discussion



Recent posts