ネットを介しても人間味にこだわったBtoB企業の見込み客獲得メディアサービスMikaku 開発者インタビュー

38 SHARES

今日は、BtoB企業の見込み客獲得メディアサービス「Mikaku(ミカク)」の開発者の村田努さんにインタビューしました。 今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

BtoB企業専門の見込み客獲得サービス

Mikaku(ミカク)は、どんなWebサービスですか?

村田努 無料から活用していただける、BtoB企業専門の見込み客獲得代行メディアサービスです。複数の切り口から継続的にご支援いたします。

まず、当サービスにて、広告主の商品・サービスの紹介資料が欲しい方(見込み客)の募集~受付を実施いたします。広告主企業は、販売チャンネル、流通経路の増加をローリスクで実施することが出来ます。

Webサイトがある企業でも、ない企業でも有効に活用していただけるサービスです。

クライアントメリットにこだわる

そもそも Mikaku(ミカク) を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

村田努 弊社は15年以上、主にBtoB企業で様々な業種の方の広告制作を現場主義で続けさせていただいてきました。これらは、随分と喜んでいただけることも多く、とてもありがたく感じています。

ただ、その中で、PRを効率よくしたいBtoB企業の事業主にとって、より魅力を伝え続けられる実質的な・・・プラットフォームのような場所が足りていないと感じたため開発いたしました。

BtoC企業向けのはサービスが数多く増えていますが、BtoB企業向けのもので、本当に広告主(クライアント)目線に立ったものは少ないと感じていたからです。

成果報酬制といっても、その金額設定はどうなのか、と思うものも多く、実際、導入できる企業の制限が近いでしょうし、続かない企業も出てくるでしょう。

そういった大事な、肝要な点も踏まえ、クライアントメリットを考え続けて生まれたのが「Mikaku」です。それに、クライアントメリットにこだわるのが実践マーケティングセンターのあり方です。

当然ながらヒューマンサービスであること

機能面でこだわった点などありますか?

村田努 とにかく、人間味を感じられるサービスにしたいと考えました。そのため、WEBサイトのイメージも泥臭い?と感じられるかもしれません。あえて、クールには創らないように気をつけました。

それと、インターネットを介するサービスだからといって、むやみにシステムにコストをかけ過ぎたり技術に偏った独りよがりなものにならないように注意しました。

とはいえ、セキュリティ面にはこだわってありますので安心してご利用いただけます。

後発だからこそ自負できる料金体系

Mikaku(ミカク)の特徴は何でしょうか?

村田努 集客支援サービスは様々ありますよね。Mikakuは同種のサービスと比べてみると、強力にローコストなのがスグにお分かりいただけると思います。むやみにコストをかけない運営だからこそ実現できた価格です。その上で他社にはないサービスを付加できておりますので、是非、サービスサイトをご確認ください。

複数の独自メディアやメールマガジン、連動SNSアカウントでもPRが掲載されるだけではなく、拡散会員の仕組みでクライアントのPRが増殖していく等々の・・・プラットホームです。

PR資料がなかったりリニューアルしたい企業様も、別途、会員価格で制作サービスを活用していただけます。

Mikaku(ミカク)は、どういった企業に利用してもらいたいですか?

村田努 まず、お客様想いの企業に活用していただきたいですね。次に、商品・サービスになんといっても自信・確信があること、スタッフさんやそのご家族のことを大切に考えている企業、です。また、出来る限り少予算で見込み客獲得をすることの大事さを認識している前向きな企業です。

◆ 現場主義で常に研究とブラッシュアップ

最後に、これからの取り組みについて教えてください。

村田努 各BtoB企業の方々、お一人でも多く継続して喜んでいただけるように、拡散力、アクセス力を引き上げ、より効果的なPRをしていただけるように、現場主義で常に研究とブラッシュアップを続けます。Mikakuは商品やサービスの魅力を伝播させるプラットフォームとしての成長を強く続けます。

Mikakuサービスメニューも早々に拡充、付加されますし、併せて、オウンドメディアも展開していきます。

当サービスの運営母体である合同会社実践マーケティングセンター自体も、代表の私に初の子どもが生まれることを始め、他にも内部でいろいろと大事な転換期にありました。

だからこそ、より継続して社会に喜んでいただきやすいサービスを創ることを、必死に考え続けたうえ創り上げてきたものです。我が子のように全身全霊で育て上げていきますので、何卒、よろしくお願い致します。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

38


Discussion



Recent posts