JavaScriptだけで動作する動画変換idleencoder JavaScript 開発者インタビュー

2 SHARES

今日は、JavaScriptだけで動作する動画変換「idleencoder JavaScript版」の開発者のIdleTime管理人さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

idleencoder JavaScript版は、どんなWebサービスですか?

IdleTime管理人 オープンソースのFFMPEG 3.0.1JavaScriptだけで動作させて動画変換を簡単にできます。

ソフトをインストールせずに動画変換できます。いろいろなブラウザで動作します。動画変換は自分のパソコンで行われるので変換する動画がインターネットに出ていきません。動画から音声を無劣化に抽出することも可能です。

そもそも idleencoder JavaScript版 を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

IdleTime管理人 動画変換のフリーソフトをインストールするのに、フリーソフトが、何か悪さをしたりしないか、心配になったことはないでしょうか? そんな問題を解決するために開発しました。 オンラインの動画変換でもいいのですが、動画がインターネットの外に出てしまうことが、問題である場合は、idleencoderが便利です。

機能面でこだわった点などありますか?

IdleTime管理人 FFMPEGの全機能をJavaScript版でも、なるべく動作するようにした点。GUIで簡単に動画変換できますが、FFMPEGのコマンドラインのオプションを入力できるようにしているので、ほとんどの機能が利用できます。

苦労した点などありますか?

IdleTime管理人 2年前に公開された videoconverter.js を参考にさせていただきました。ただ2年前とはコンパイル環境がかわり、そのままコンパイルしても動作しませんでした。JavaScriptFFMPEGを呼び出しても、動画変換の終了前に、戻ってしまって変換されたファイルを取り出すことが、できなかったのです。数日間、慣れないJavaScriptFFMPEGを解読しつづけることに。

どういった人に使ってもらいたいですか?

IdleTime管理人 いろいろな人に使ってもらえるよう作っていますが、変換できるファイルの大きさや、性能などの問題で、利用できるシーンは、限られてくるかと思います。アプリの操作をキャプチャーして投稿サイトに投稿できる形式の動画にするのに便利かもと思っています。ニコニコ動画は、専用のGUIを用意しているので、便利に変換できます。

最後に、これからの目標について教えてください。

IdleTime管理人 WebAssemblyを使ったスレッド化によって大幅な性能改善ができないか、検討中です。性能や変換できるファイルの大きさの改善はChromeブラウザならJavaScriptではなくてPNaClを使ったidleencoderを利用する方法もあります。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

2


Discussion



Recent posts