ボッチでできる外国語トレーニングサービスNante-IU 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、ボッチでできる外国語トレーニングサービス「Nante-IU」の開発者のJairoさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Nante-IUは、どんなWebサービスですか?

Jairo 外国語会話でよく使われるフレーズを「話せるようになる」まで「トレーニング」するサービスです。

シチュエーションごとに分かれた外国語フレーズを選択し、合格するまで翻訳クイズがカード形式で表示されます。

そもそも Nante-IU を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Jairo 外国人と話していて、話したいことが口から出なかったり、通じなかったりする経験から、「学習する」だけでなく、「話せるようになる」ことが大事と感じました。

実際、「会話で使用するフレーズは100前後で、単語を変えて応用しているだけ」という点に着目し、最初は自分用のアプリとして開発しました。

実際に自分で 利用して効果があることがわかり、一般向けに公開しました。

機能面でこだわった点などありますか?

Jairo 音声認識による自分の発音のチェック。

音声認識は、webkitSpeechRecognitionという機能を利用しています。人間が認識する精度とほぼ同じように発音を認識できます。

現在、Web環境ではスマホ・タブレット環境ではAndroidでしか利用できませんが、iOSでもじきに利用できるようになると考えています。

最後に、これからの目標について教えてください。

Jairo フランス語、イタリア語などのヨーロッパ系の言語や中国語などのアジア系の言語など、他の言語にも対応していきたいです。

残念ながら、iOSでは音声認識が利用できません。今後のiOSでもWebサービスの音声認識に力を入れてくれなさそうなら、ネイティブアプリ開発も検討しまています。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts