本物の四つ葉のクローバーを手に入れる事ができるアプリです。四つ葉のクローバーを探そう! 開発者インタビュー

1 SHARES

今日は、本物の四つ葉のクローバーを手に入れる事ができるアプリです。「四つ葉のクローバーを探そう!」の開発者のInoue Daisukeさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶアプリが生まれたきっかけや今後の展開などいろいろ聞いてみました。

四つ葉のクローバーを探そう!は、どんなアプリですか?

Inoue Daisuke居住地の市町村などを動き回り「LeafCrystal」という目的地を探すゲームです。ゲームをクリアした方から申請があった場合に、真空パックした四つ葉のクローバーを指定の宛先に送付します。ゲームは、ボールを集めると神龍が願いを叶えてくれる某大人気マンガに出てくるようなレーダーマップを使いボールのかわりに「LeafCrystal」を集めます。「LeafCrystal」は取得する際にランダムでポイントをGETでき1000ポイント超えるとゲームクリアです。四つ葉のクローバーの送付対象者は先着順で200名限定です。四つ葉のクローバーを200名に送付後は、「LeafCrystal」の取得数を競ってもらいます。取得数については送付対象物はなく、ゲーム内ランキングとなります。※ここで言う四つ葉のクローバーとは、押し花にした四つ葉のクローバーを家庭用真空パック器でパックしたものです。

そもそも 四つ葉のクローバーを探そう! を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Inoue Daisuke 過去に四つ葉のクローバー探しに挑戦して見つける事ができなかった人もいると思います。そのような方を対象に、「ある程度の努力で四つ葉のクローバーを手にいれる事ができたら素敵じゃない?!」と思いアプリを作成しまた。

どういったユーザーに利用してもらいたいですか?

Inoue Daisuke 四つ葉のクローバーを手に入れたい方や過去に探して見つからなかった方に使って欲しいです。また、散歩やサイクリングをする際の目的地として遊んで欲しいです。屋内では利用する事ができないため、アウドドア派の人が利用対象者になりますね。

アプリに関連した企画を考えていますか?

Inoue Daisuke 現在、Twitterを利用したキャンペーン中です。キャンペーン内容は下記の通りです。

【ツイッターを利用したキャンペーン中】リリースを記念してTwitterを利用したキャンペーンを開催しています。応募方法や賞品などは以下のとおりです。■応募方法「@yotubagame」をフォローして頂き、「#四つ葉のクローバーを探そう」のハッシュタグ付きツイートをしてください。■賞品ゲームクリア時に送付する四つ葉のクローバーを抽選で10名様にプレゼントいたします。■開催期間2016年6月10日(金)~6月30日(木)19時■抽選など6月30日の19時以降に「@yotubagame」をフォローして頂いた状態で「#四つ葉のクローバーを探そう」のハッシュタグ付きツイートが残っているツイッターユーザー様を対象に抽選をおこないます。結果は当選者のみにダイレクトメッセージで連絡をさせて頂き、その他の皆様にはツイートにて抽選が終了したことのみをお伝えさせて頂きます。

Androidアプリですか?それとも、iPhoneアプリですか?

Inoue Daisuke AndroidアプリとiPhoneアプリの両方に対応しています。Android4.0以降、iOS8.4以降でインストールできます。GooglePlayiTunesにあるのでインストールお願いします。

アプリに関係した動画はありますか?

Inoue Daisuke 使い方を説明した動画を用意しています。Youtubeにアップロードしているので、「四つ葉のクローバーを探そう!」で検索してみてください。無音動画で淡々と操作方法を撮影しています。最初から音無しなので注意してくださいね。

問い合わせ先などを教えてください。

Inoue Daisuke サポートや更新状況、使い方をお知らせするサイトを用意しています。ドメインは「gpsgame.net」です。お問合せフォームを用意していますので、ご連絡はそちらからお願いします。お問合せフォームは「gpsgame.net」のトップページの最下部にあります。

最後に、これからの目標について教えてください。

Inoue Daisuke まずは、ゲームクリア者が200名を超えて四つ葉のクローバーを200名に届ける事が目標です。追加機能は作成していますので200名を超えたら追加のアップデートを行うか新アプリとして出したいと考えています。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts