オンラインでディベート出来るwebサービスDebatime 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、オンラインでディベート出来るwebサービス「Debatime」の管理人さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Debatimeは、どんなWebサービスですか?

Debatime管理人 オンラインでディベート出来るwebサービスです。ネット上の誰かといつでもどこでもディベート出来るサービスとして6月にリリースしました。現在は他のユーザーと11でディベートして第三者にジャッジ(審判)をしてもらう「1on1ディベート」と好きな議題を作って皆で賛成か反対かに分かれて討論する「集団討論」という2つの機能を楽しむことが出来ます。

そもそも Debatime を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Debatime管理人 私自身は大学に入るまでディベートに興味すらありませんでした。きっかけはアメリカ留学中に現地大学のディベート部に入ったことです。最初は英語も話せないし、相手の主張に対してどう反論すればいいかもわかりませんでしたが、練習を重ねるうちに、英語力もディベート力も成長していき、最後の大会ではそこそこ良い結果を残すことも出来ました。ただ日本に帰ってみるとディベート機会が全然無かったんです。それで自分で作ることにしました。

機能面でこだわった点などありますか?

Debatime管理人 本格的なディベートが出来るようにこだわりました。「1on1ディベート」は私が実際にやっていたIPDAディベートというスタイルに基本的に従っているため、ディベートが初めての方でも簡単にディベートが出来ます。ジャッジ(審判)は①マナー②説得力③根拠(引用)の妥当性の3つの評価軸を合計20点満点で評価し、コメントします。これにより、ディベートする側にとっても非常に有益なフィードバックが貰えるようにしました。

ディベートをオンラインでやる価値って何ですか?

Debatime管理人 私はディベートはリアルでやったほうが良いと思っています。ただ、リアルでディベート出来る環境はまだ少ないと思っています。高校までの部活でディベート部がある学校なんて進学校くらいでしょうし、大学ですらディベートのクラブが無い事もあります。けど、ネット上ならいつでもディベート出来ます。そういうwebサービスが見当たらなかったので、じゃあオンラインでディベート出来る場が1つ位あってもいいんじゃないかな、と思って「Debatime」を作りました。

最後に、これからの目標について教えてください。

Debatime管理人 私自身がディベートを通じて大きく成長出来たので、「Debatime」を通じてディベートの素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらえるような努力をしていきたいです。ただ楽しいだけでなく、新しい知識や視点を吸収できたり、ディベートを通じて成長出来る、そういうwebサービスが作れればいいかな、と思っています。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts