ワクワクを創造するプランナーとエンジニアのマッチングWebアプリSeekGeeks 開発者インタビュー

28 SHARES

今日は、ワクワクを創造するプランナーとエンジニアのマッチングWebアプリ「SeekGeeks」の開発者のny氏にインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

SeekGeeksは、どんなWebサービスですか?

ny 「アプリやWebサービスのアイディアはあるんだけど、プログラミングはできない」というプランナーと、「技術はあるけどアイディアを考えるのはちょっと苦手」「自分の技術を活かして、何か面白いアイディアを持ってる人の企画にジョインしたい」というエンジニアとを結びつける、マッチングWebアプリです。

そもそも SeekGeeks を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

ny このコンセプトに特別こだわりがあったわけではないんですが、とにかく、自分で企画・実装・リリース・運用と、一通りのことを一人でやってみたいと思ってチャレンジしました。現在のSeekGeeksの形に落ち着いたのは本当に偶然で、たまに知り合いから「こういう企画考えてるんだけど一緒にやらない?」と声をかけて頂く機会があって、ふと「もしかしたらエンジニアの知り合いがいない人はアイディアがあっても諦めちゃうこともあるんじゃないか?」と考えたことがきっかけといえばきっかけですかね。

機能面でこだわった点などありますか?

ny どれだけ機能を削るか、ですね()個人でやってるので、機能面にこだわればどこまでもやれちゃうわけでですが、それだといつまで経っても完成しないと思ったので、あえて後回しにできる部分は後回しにして、リリースを早めるよう心がけました。それでもWeb開発自体が不慣れで、一年くらいかかってしまいましたが。

nyさんは普段何をされてる方なんですか?

ny 自分で作ったWebサービスで稼いでます!とか言えたらかっこいいんでしょうけどね(笑)普通の勤め人です。自社サービスを運営している会社で、Web系エンジニアとして自社サービスの開発・保守の仕事をしています。最近はWebアプリだけでなく、本当に簡単なものですがAndroidアプリを作ったりもしました。

SeekGeeksは具体的にどのような技術を使って作られているんですか?

ny バックエンドはPythonという言語を使用していて、Bottle.pyというフレームワークを使っています。フロントエンドはVue.jsunderscore.jsFoundationといったライブラリを使用しています。

Pythonというのはあまりメジャーな選択肢とはいえないと思いますが、どうしてPythonを選択したんですか?

ny 勤め先で使っている言語がPythonだったから、というのが一番大きいですかね。ですが使っているうちに、Pythonという言語を好きになったから、というのも理由の一つです。日本では未だにマイナーな言語ではありますが、もっと広まってくれると嬉しいですね。

一番苦労したのはどのようなところですか?

ny コーディングそのものよりも、環境構築の部分で苦労しました。なにぶんWebエンジニアとして経験が浅いもので、サーバーのセットアップやドメインの取得、SSLの設定などでだいぶ苦戦しました。ですが今回の開発で一通り経験することができたので、今回の苦労は次回以降のプロダクト開発に活かしていけると思います。

Webエンジニアとして経験が浅いとのことでしたが、エンジニアとしての経歴を教えてください

ny 新卒で入社した会社では汎用機での開発業務に携わっていたため、実はWebエンジニアの経験はまだ3〜4年ほどしかありません。言語経験で言うとCOBOLが約6年、Pythonが約4年といったところです。Web系の経験はまだ浅いのですが、今後も能動的に様々なことを学んで、エンジニアとしてキャリアアップしつつ、SeekGeeksのようなサービスを今後もどんどんローンチして、技術以外の面、例えば事業企画やWebマーケティングといった能力を伸ばしていきたいと考えています。

ローンチ後に苦労したことはありますか?

ny やはりサイトのPRが非常に難しいですね。覚悟していたことではあったのですが、心のどこかで、ブログやツイッターを地道に頑張っていれば何とかなるだろう、くらいに考えていたんですが、まったくそんなことはありませんでした(笑)

今は「自分でビジネスを立ち上げたい」、「アプリやWebサービスを作ってみたい」といった人とどうやって見つけるか、どのようにコンタクトを取れば良いのか悩みつつ、ツイッターを中心に活動しています。それでもなかなかそういう方に出会えないので、今も絶賛苦戦中です(笑)

逆に、ローンチして良かったことはありますか?

ny サービスそのものとは直接関係無いかもしれないですが、ツイッターをPRツールにしていたおかげで、そちらでけっこう繋がりができ始めていることですかね。

例えばSeekGeeksのロゴはローンチ時には私が作った素人丸出しのデザインだったのですが、ツイッター経由で知り合ったデザイナーさんにロゴデザインを新しくお願いしたり、他のデザイナーさんにサービス名の入った個人名刺を作って頂いたりしました。どちらもやはりプロの方にお願いしただけあって、私が作るものよりもずっと良いものを作って頂き、非常に満足しています。

他にも、プランナーやエンジニア同士で交流できるようにSlackというチャットツールを使ってオンライン交流会みたいなものもやっているのですが、その参加者もほとんどがツイッター経由で知り合った方だったりします。

自分でサービスをやっていなかったら、この出会いは生まれなかったかもしれない、と思うとなかなか感慨深いものがありますね。こういった出会いをこれからも大事にしていきたいと思っています。

このサービスで独立したい!といった構想はあるんですか?

ny 正直、SeekGeeksに関してはそういったことは考えていませんね。マネタイズできるような部分が現状無いというのもありますが、このサービスに関してはあくまで私個人の趣味の範囲に留めて、無理の無い範囲で機能追加や改善をしていければ、と思っています。

ただ、SeekGeeksユーザーというか、独立・起業したい方を対象にした新規プロダクトについて現在構想を練っていて、そちらの方を通して私自身も独立・起業を考えていけたらいいな、とは思っています。

最後に、これからの目標について教えてください。

ny 先ほど申し上げたことと重複してしまいますが、SeekGeeksについては、あまり大きな改善や機能追加は考えていません。少しずつユーザーが増えていって、その方々のご意見を聞きながら少しずつ成長させていければいいかな、と考えています。

一方で他のWebサービスの立ち上げについても現在構想中です。SeekGeeksがアプリやWebサービスのプランの実現、立ち上げを目指すものだったので、今度はそのブラッシュアップやPR活動に貢献できるようなプロダクトを作りたいと考えています。こちらに関してはSeekGeeksで得た知見を目一杯活用して、ビジネスとして成立するようなものを創り上げたいと思っています。

まだまだ改善の余地の多いサービスではございますが、この記事を読んで下さった方々に一人でも多く興味を持って頂き、お時間があるときにプランの投稿などして頂けますと幸いです。

今後ともSeekGeeksをよろしくお願いいたします。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

28


Discussion



Recent posts