堀江貴文氏から着想!?ピアノ調律師のマッチングサービスピアノチューナー 開発者インタビュー

1 SHARES

今日は、ピアノ調律師のマッチングサービス「ピアノチューナー」の開発者のU氏さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

ピアノチューナーは、どんなWebサービスですか?

U 日本全国のピアノ調律師をプロフィールや好みの条件で検索できる、ピアノ調律師のマッチングサービスです。ピアノ調律をお願いしたいけど、誰に頼んでいいのか分からない・・といった方に、お住いの地域に出張できる調律師を全国から検索する事が出来ます。

そもそも ピアノチューナー を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

U ホリエモンこと、堀江貴文氏のメルマガがきっかけで、ピアノを持っている家庭が減っておりピアノ調律師の仕事が徐々に減ってきている事、また新規顧客の獲得が困難であり、口コミや知り合いからの紹介以外では既存のwebサービスからの流入が殆で、そのサービスも手数料が40%程度と高いものだと知りました。実際にそのwebサービスを確認してみると何年も全く更新していないようでUIが古く、ニッチで競合が居ない為にやってこれたのだろうと思いましたね。そこで、手数料をもっと安くしていいwebサービスを作りたいと思ったのがきっかけですね。

既存のwebサービスとの違いは何がありますか?

U 既存のwebサービスと比べると、スマホ対応している点が一番の違いですね。今は殆どの人が自宅のPCからではなく、手元のスマホで済ませている時代なので、スマホに対応しているという点はまず基本かなと考えています。他には、調律を依頼して頂くと最低1,000円以上のキャッシュバックがもらえるキャッシュバックサービスを実施しているので、え?この値段でピアノ調律できるの?という程安く調律出来るようになっていますね。ピアノをお持ちの方って調律の重要性に気づいていない、もしくは知ってはいるけど値段が高くて踏みとどまってしまう方が多くいると思うんですよ。「ピアノチューナー」で少しでも安く調律出来る事を知ってもらい、調律頻度が増え、ひいては業界全体の活性化ができたらなぁと考えています。

最後に、これからの目標について教えてください。

U まずは、登録していただけるピアノ調律師をもっと増やしていきたいですね。新規顧客の獲得に苦労されている方は多いと思うので、どんどんPRして知って頂ければと考えています。次はユーザー数をどんどん増やしていきたいですね。せっかく調律師の方に登録頂いたのに、集客できなければ意味がありませんからね。既存のwebサービスより集客できるよう、サービスをもっと使いやすく改善していきたいと思います。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts