あなたにピッタリの商品が分かる!WEB薬局サービス。WEB PHARMACYの開発者インタビュー

1 SHARES

今日は、簡単な質問で、ピッタリの商品が分かる!WEB薬局サービス。 「WEBPHARMACY(ウェブファーマシー)」の開発者のMさんにインタビューしました。 今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

WEBPHARMACY(ウェブファーマシー)は、どんなWebサービスですか?

Mさん 簡単に言うと、Webの薬局サービスです。

例えば、風邪の人が居て簡単な質問に答えるとその人の症状に最も適した風邪薬がレコメンドされます。

今だと、風邪薬とか整髪料とかを簡単な質問に答えることでピッタリの商品が見つかります。

そもそも WEBPHARMACY(ウェブファーマシー) を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Mさん 風邪とかで学校や仕事を休んでいる時って、本当は薬を薬局に買いに行くのも病院で長い待ち時間を過ごすのも本当に辛い笑

今はAmazonの配達なんかも最短当日で届くので、「それなら、薬剤師や医師の変わりとなるサイトを作ろう!」と思いました。

機能面でこだわった点などありますか?

Mさん 機能面と言っていいのかわかりませんが、紹介される内容を、薬なら現役の薬剤師の監修を受け、ワックス(整髪料)は美容師に相談しました。

まだ改善が必要ですが、更に良いサービスにするためにも彼らの力を借りていきたいと思います。

最後に、これからの目標について教えてください。

Mさん まずはWEBPHARMACY(ウェブファーマシー)のコンテンツを充実させること、

国内の薬局で買えるものの多くをお勧めできるサイトにしたいです。

あと別件なのですが、日本語ラップが好きなので、そちらのポータルサイトなんかも手掛けているのでそちらも盛り上げていきたいですね。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts