驚くほど簡単にアーティストサイトがつくれるArtisite 開発者インタビュー

1 SHARES

今日は、驚くほど簡単にアーティストサイトがつくれる「Artisite」の開発者の亀川文徳さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Artisiteは、どんなWebサービスですか?

亀川文徳 アーティストを応援するサービスです。

アーティストのサイトをHTMLなどの専門知識は一切不要で簡単に構築できます。直感的に操作できるよう設計された編集画面。実際の画面イメージの通りに表示される機能を搭載。テキストを太字にしたり色を付けたり、画像の貼り付け、リンクの設定、動画・地図の貼り付けなど直感的に作成できます。

アーティストサイトに必要な「ニュース」「ライブ」「プロフィール」「ディスコグラフィ」「SNSリンク」の作成・編集が可能です。お問い合わせフォームも簡単に設置できます。自分自身で編集できるので、必要なときにいつでもページが更新できます。

そもそも Artisite を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

亀川文徳 情報発信が重要であることを理解しているアーティストは、TwitterFacebookInstagram、ツイキャス、ブログなどを使って、ファンへ情報発信しています。それらSNSは、リアルタイムの情報発信としては有効なサービスですが、時間とともにすぐに情報が流れていってしまいます。これまでとこれからのアーティスト活動を知ってもらうためにはホームページが必須です。

しかし、アーティストのサイトの多くは、自分たちで更新しているが難しくてなかなか更新できない、業者に依頼しているがすぐに更新されないなどの理由から、情報更新が少なく、訪れる価値のないものになってしまっています。Artisite(アーティサイト)では、アーティストのサイトをHTMLなどの専門知識は一切不要で簡単に構築できます。

機能面でこだわった点などありますか?

亀川文徳 いつでも必要なときに自分自身で簡単にページが更新できるように、直感的に操作できるように設計された編集画面です。デザインは、PCでもスマホでもタブレットでも快適に使えるように注意して作りこんであります。

最後に、これからの目標について教えてください。

亀川文徳 ユーザーのご意見を聞きながら少しずつ成長させ、多くのアーティストの方に使ってもらえるようにより良いサービスにしていきたいです。

ファンを増やし、たくさんの人に知ってもらいましょう。

今後ともArtisiteをよろしくお願いいたします。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts