景色と場所を同時に共有できるwebサービスルーラルー 景色でつながるSNS 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、景色と場所を同時に共有できるwebサービス「ルーラルー 景色でつながるSNS」の開発者のルーラルーさんにインタビューしました。リニューアルで新しくなった点や、開発で苦労した点、そしてこれからの目標などいろいろ聞いてみました。

ルーラルー 景色でつながるSNSは、どんなWebサービスですか?

ルーラルー 写真をおくるとGoogle マップに写真が貼り付けられた、その人専用のページが出来て、ホームページにリンクを設置するためのタグや、SNSにシェアするためのURLが作成できます。

そのタグやURLを使うとルーラルーにある「戻る」のリンク先がその人のホームページやSNSのタイムラインになるので 元のページの一部として利用できます。

これとは別に全国、各都道府県、各市町村ごとに最新100件の投稿を表示しているページもあります。

投稿した写真はここにも表示されますが、旅行、景色、写真などに興味のある方が多く訪れますので、嬉しいひとことや もっと見たい!などの声をもらうこともあるかもしれません。

今回はリニューアルということですが、リニューアルしようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

ルーラルー 前回のインタビューの際に「投稿する人を増やしたい」と書いたのですが、思うように投稿が増えませんでした。

投稿してもらうために必要な要素を追加することもそうですが、何度もページに訪れてもらいサービスに興味を持ってもらえるようにしようと思いリニューアルしました。

リニューアルで何が変わりましたか?

ルーラルー まず見た目を大きく変えました。

以前は地図の下に景色の写真がただ並んでいたのですが。それですとスマートフォンでは地図上の位置と景色を同時に見ることができませんでした。そこで、写真は横にスライドするようにしてコンテンツが縦に長くならないようにしました。

また、以前は航空写真だった地図を絵に変更し、時間帯によって地図の色が変わるようにしました。明け方、朝、昼、夕方、夜、深夜を表現しています。

他には景色をおくる際にスタンプをつけられるようにしました。「いいね」でもスタンプがつくようになっています。また、各都道府県、市町村に一番多く景色をおくっている人に王冠がつくようになりました。

リニューアルでこだわった点はありますか?

ルーラルー 投稿が少なくてもページに変化があることですね、時間帯によって地図が変化することもそうですが、しばらく投稿がない地域ではキャラクターが現れて投稿をおねだりしたりするようになっています。

あとは景色をおくることや「いいね」することが楽しく感じられることですね。これはサービスの根幹に関わる部分なので今更な話ですが、操作や視覚的な部分でもかなり変わるので、直感的に操作できる、考えるより前に嬉しいと感じられるというところを目指しました。

地図の見やすさというもの重要な部分ですので、拡大率や中心の移動の仕方も微調整しています。

最後に、これからの目標について教えてください。

ルーラルー 前回と同じになってしまいますが、写真を投稿する人を増やしたいです。

すぐに使う、毎日使う、というものではないので、たまに訪れて気軽に投稿してもらえればと思います。

たまに訪れた際に何もページに変化がないとつまらないと思うので、やはり投稿についてもそうですし、その他の部分でも見るたびにページに変化があるようにしたいです。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts