英単語を画像で覚えられるサービス英単語キュレーション 開発者インタビュー

1 SHARES

今日は、英単語を画像で覚えられるサービス「英単語キュレーション」の開発者のハゲデブサイクさんにインタビューしました。リニューアルで新しくなった点や、開発で苦労した点、そしてこれからの目標などいろいろ聞いてみました。

英単語キュレーションは、どんなWebサービスですか?

ハゲデブサイク そうねぇ、まぁ、一言で言うと「英単語を画像で覚えられるサービス」なのよ。単語の暗記って重要なんだけど、ついつい後回しにしちゃうのよね。でも実は「こまめに反復」が暗記には良かったりするの。だから気軽に何度も使ってもらえるWebサービスなのよ。

そもそも 英単語キュレーション を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

ハゲデブサイク 私も英単語を覚えようとしていたんだけど・・・、本で覚えようとしていて、文字だけで覚えるのが苦痛で苦痛で仕方なかったの。音声や画像を使えばもっと楽に覚えられるはずだわ、と思ったわけ。ここ数年、画像検索が発達してきたから、一部のブロガー達が、Googleイメージ検索で単語を検索すると画像が出てきて覚えやすい!って言い出した時期があったんだけど・・・・。たぶん誰もやってないわ。面倒くさいもの。いちいちブラウザ起動して、Googleのページ開いて、単語を入力して、Enter押して・・・って1つの単語調べるのに20秒はかかるんじゃない?便利そうに聞こえるけど、実際やってみると面倒なのよね。そこで、1Clickで英単語の画像が表示されればもっと便利だわ!と思ったのが開発のきっかけなの。

機能面でこだわった点などありますか?

ハゲデブサイク 学習に必要な要素は「集中」なの。集中なくして学習はできないわ。だからお客様が集中できるようなWebサイトを作りたかったの。たとえば、なるべくページを移動しないように開発したし、できるだけ表示速度を上げるようにしたわ。読み込みや通信に時間がかかっていては集中できないものね。そして単語を覚えるという目的に必要なものだけを表示することを意識しているわ。広告?広告はもちろんないわ。広告って、注意をそらすために存在するじゃない?だから広告というものは、集中が必要な学習サイトにはふさわしくない、そういう矜持を持って作ったわ。

最後に、これからの目標について教えてください。

ハゲデブサイク 英語を学んでいる子供達は世界中に何億人といるし、英語を学習することは希望でもあると思っているわ。私の開発したWebサービスがそういう子供達の役に立てれば私は幸せなの。だからできるだけ多くの人にこのサービスを使ってもらいたいの。この英単語キュレーションという単語学習サイトが軌道にのったら、次はエロ単語キュレーションという単語学習サイトを作りたいと思っているの。こっちは18禁の予定よ。エロ単語を学習したい人たちは大きいお友達も含めれば世界中に何十億人といると思うわ。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts