izenote~オーソドックスでキュートなメモ帳~開発者インタビュー

3 SHARES

今日は、「izenote~オーソドックスでキュートなメモ帳~」の開発者の合同会社materializeさんにインタビューしました。今大変好調な「CountizePad」をベースに開発したキッカケや、「かわいい」をコンセプトに据えた点、そして今後の展開など、いろいろ聞いてみました。

izenote」とは、どんなアプリですか?

合同会社materialize 弊社では現在、2017年4月14日(金)に「5000」ダウンロードを突破した「CountizePad~オーソドックスなメモ帳に文字数カウント機能を添えて~」 というメモ帳アプリを配信しています。このアプリから「文字数カウント機能」を取り除いたものが、「izenote」になります。つまり、「izenote~オーソドックスなメモ帳~」です。

大変好調な「CountizePad」、このアプリから敢えて「文字数カウント機能」を取り除いたものをリリースしたキッカケは何だったのでしょうか?

合同会社materializeCountizePad」は現在、ユーザの皆様からの御要望をメインにアップデートしています。とても多くの御要望を頂いていて、その中で、「文字数カウント機能をオフにできないか?」というものがありました。いやいや、アプリのコンセプト全否定じゃん(笑)、と思いました。正直、無視するつもりだったのですが、普通のメモ帳としてリリースしてしまえば御要望に応えられるなって思って、「文字数カウント機能」を削ぎ落として、新たに「izenote」をリリースしました。

CountizePad」と「izenote」で、機能面で差別化された点などはありますか?

合同会社materialize 今のところは無いです。本当に、「CountizePad」から「文字数カウント機能」を削ぎ落としただけの状態です、今は。ただ、今後は、「izenote」だけのオリジナルの機能を搭載する予定です。文字数カウント用に表示していたUI領域、そこが空いたので、ちょっと寂しく感じています。これを埋められるような機能を搭載したいと考えています。まだ、未定ではありますが。

CountizePad」のユーザは二十歳前後の女子が半数でしたね?

合同会社materialize はい。「文字数カウント機能」という点が、女子「学生」にウケたのだとプロファイリングしています。なので、この機能を削ぎ落とした「izenote」は、今後どうなるか予想ができていない状態です。ただ、「CountizePad」の感想の中で、「かわいい」という声もあったので、「オーソドックスなメモ帳」として、「かわいい」も獲得できたらいいなと思っています。なので、今回は「izenote~オーソドックスでキュートなメモ帳~」をコンセプトにしました。安易かもしれませんが。

アプリ名には今回も「ize」を?

合同会社materialize そうですね、あくまでも「IZE」シリーズの派生ですから。正直、ものすごく迷いました。感想の中で「かわいい」という声はありはしましたが、同時に、「CountizePad」というアプリ名は「かわいくない」「言いにくい」という指摘もありました。精一杯、「ize」を含める制約の中で、かわいくしたつもりです、「izenote」は(笑)。

最後に、これからの目標について教えてください。

合同会社materialize やはり、「CountizePad」と同じだけのダウンロード数を獲得することですね。「CountizePad」の「文字数カウント機能」が邪魔だと思ってダウンロードしなかったユーザを「izenote」に取り込みたいですし、「izenote」を見つけて「文字数カウント機能」があったらいいのにな、と思ったユーザを「CountizePad」に取り込みたいですし、相乗効果を狙っています。でもまずは、「CountizePad」と同じように、如何にノンプロモーションで大きなダウンロード数を獲得していくか、また一からのチャレンジです。頑張ります。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

3


Discussion



Recent posts