YouTubeが大好きな人同士が好きなことを話せる場MasTube 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、YouTubeが大好きな人同士が好きなことを話せる場「MasTube」の開発者のたくまおさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

MasTubeは、どんなWebサービスですか?

たくまお MasTubeとはMastodonというオープンソースのSNSをベースに開発した「YouTubeが大好きな人同士が好きなことを話せる場」がコンセプトのSNSとなっています。YouTubeをよく見て楽しんでいる人は多いと思います。しかし、意外とその感想や思いをシェアする場は少なく、コメント欄での不便なやり取りしか出来ません。「Mastube」は小学校の頃テレビを見た後、その感想を学校で言って共感するような、そんなコミュニケーションを楽しめる場所になって欲しいと思って開発しました。

ツイッターやインスタグラムと違う点は何なのでしょうか?

たくまお コンセプトでもお話した通り、MasTubeYouTubeが大好きな人しかいません。これは他のSNSにはない特徴だと思います。つまり、YouTubeが好きな人は、このSNSを始めた瞬間に多くの仲間を見つけコミュニケーションを取ることができます。また、今後の予定としてYouTubeで活躍しているYoutuberの方をMasTubeに招待することを考えています。すでに編集長をはじめ、編集部員が営業活動を実施中です。そのため、MasTubeYouTuberの方とリスナーの方との交流の場もという側面も持っています。

MasTubeはどういったユーザーに利用してもらいたいでしょうか?

たくまお YouTubeを「純粋に大好き」なユーザーに利用していただきたいです。この「純粋に大好き」とはYouTuberや投稿主の方をリスペクトもしているということです。最近のSNSでは、YouTuberや芸能人の方に対して、根拠のない叩きや炎上が頻発しています。しかし、私はSNSは誰かを誹謗中傷するために使うサービスだとは思っていません。大好きなものに、気の合う仲間と話すことがSNSの本質だと思っており、MasTubeもそんな場にできればと考えています。

最後に、これからの目標について教えてください。

たくまお MasTubeYouTubeが大好きな人のためのSNSとなっています。しかし、ユーザー数はまだ少ないため、これからの目標はMasTubeに参加してもらえるユーザーを増やすことです。MasTubeを盛り上げるためにも興味ある方はぜひ参加お願いします!


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts