ファッションアイテムの口コミサイトbranda/ブランダ 開発者インタビュー

1 SHARES

今日は、ファッションアイテムの口コミサイト「branda/ブランダ」の開発者のT氏さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

branda/ブランダは、どんなWebサービスですか?

T ずばりファッションアイテムの口コミサイト!以外にファッションアイテムの口コミに特化したサイトってないんです。そこでファッションアイテムならばなんでも、ハイブランドからファストファッションまで幅広くみんなが口コミを書けるような総合プラットホームを作りたいと思ったんです。文章はもちろん写真も自由にアップできます。そこから他の人もコメントで口コミを書いていって盛り上がっていけば良いなと思っています。

そもそも branda/ブランダ を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

T 実はファッションアイテムの純粋な口コミサイトってないんです。それぞれ商品のレビューとして書かれているところはあるんですが、楽天やアマゾンやゾゾタウンなどそれぞればらばら。そこでわかりやすいファッションアイテムの総合口コミサイトができればより買い物するときに便利になるんじゃないかと思って立ち上げました。

そもそも私もブランドを買うときに実際に使っている人の口コミを知りたいと思って検索したりレビューを見たりするんですよ。レストランとかなら食べログやレッティで口コミが見れますけどファッションアイテムはそういった口コミサイトがなくて困っていました。そこでないんだったら自分で作ってしまえ!って(笑)

ちょうどライブイベントの口コミサイト「聴きこむ」を作って間もなかったのでノウハウはある程度わかっていたのでスムーズに作ることができました。

たしかにそれぞれのレビューを見るしかないですよね。でもこれからはブランダを見ればいいじゃんてなるわけですね?

T はい!ぜひそうなって欲しいですね。

例えばレビューを見るにしても楽天やアマゾンなどそれぞれの同じ商品なのに店ごとにレビューがあるから調べるのも大変。それが口コミに特化して食べログのように、その商品に関しての口コミはブランダにいけば一番口コミが読めるってことになっていけばいいですね。

特にハイブランドはそんなにレビューがあるわけでもないですし、ファッションアイテムの口コミって本当はもっと書きたい人がいるんじゃないかと思うんです。

ちょっと買うのに勇気がいるハイブランドとかは特に口コミが気になりますよね。

T サイトのテーマにも

〜「欲しい」を失敗しない 〜

って書いてるんですね。

これってやっぱり大事だと思うんです。最近はネットで買う人も多いし、ネットのが安かったり、ネットでしか手に入らないブランドもあります。そんなときにブランドやライター、キュレーターなどのフィルターがかかっていない生の口コミが多ければ多いほどありがたいと思うんです。

ハイブランドにしてもファストファッションブランドにしてもそれぞれ失敗したくないし、買ってよかったって納得したいですよね。例えば田舎に住んでいて実際に店頭では見ることができないブランド商品とかも口コミで知ることができて、自分が質問を打てばユーザーが返してくれるようなことができるようになったらもっと楽しい買い物がしやすくなるんじゃないかって。

ネットショッピングの時代ならではのサービスですね。

T 実際に田舎では手に取れない商品って多いと思いますし、東京に行ったときに買おうと思って見てみたら全然違ってがっかりした!なんて思い出のある人も今まで結構いたと思うんです。実際手に取るのが一番なのですが、それができない環境の人たちがネットで購入するときにも役立つようなサービスになっていきたいですね。

また、店頭で見るときも自分の中で口コミで情報を入れてからと何も情報がないときではやはり違いますよね。そこで改めて口コミ通りだなと思うときもあれば、いやいや私はこう思ったよ!って新たな意見が追加されたり。そんな風にみんなでファッションアイテムを評価していけたら良いなと思います。

生の口コミはファッション業界にも影響を与えそうですね。

T 実はそこまで行ければ成功だなって思ってます。

ハイブランド、有名ブランドだから良いってわけではないと思います。それぞれ良いと思うもの、そうでないと思うもの様々あるわけで、その様々な意見が実際にブランドにも影響してくればユーザーにとって使いやすい商品に変わるかもしれないし、ブランド価値自体も変わるかもしれない。

そうすればより良い商品を作っていれば個人ブランドだって口コミでメジャーブランドになるかもしれないし、ハイブランドだって価値が落ちるかもしれない。でもそれって消費者にとっては良いことですよね。

なかなか壮大な話になってきますね!では最後に、これからの目標について教えてください。

T みんながよりよいショッピングをできるためのツールとして使えるような口コミサイトになっていきたいですね。欲しいアイテムがあったら「ブランダで検索してみよう」って。

そうなっていくとこれからのファッションはどこからかの流行で商品の流れが決まるんじゃなくて消費者がブランド価値や流行を決めていくんじゃないかって思うんです。でもそれによって本当に良いものを作っているブランドにも光が当たる可能性もあるし、今までメジャーだったハイブランドももっと良くなるかもしれない。

もっともっとファッションとショッピングを楽しむためのツール。それが私たちの目標です。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts