1単語1秒で見る繰り返して覚える英単語学習サイトOneSec 開発者インタビュー

2 SHARES

今日は、1単語1秒で「見る」を「繰り返し」て覚える英単語学習サイト「OneSec」の開発者のichiさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

OneSecは、どんなWebサービスですか?

ichi OneSecは、1単語につき1秒のスピードで「見る」を「繰り返す」事で覚える英単語学習サイトです。

毎日10語ずつコツコツ覚えていくという発想ではなく、毎日、もっとたくさん(数百、数千)の単語を一気に「見る・眺める」というコンセプト。

CMのように、同じ単語に毎日、何回も出会うことで自然と覚えていきます。

そもそも OneSec を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

ichi 毎日たくさんの単語を「見る・眺める」ことで覚えるという単語の学習方法は、元米Google副社長の村上憲郎氏の「村上式シンプル英語勉強法」で知りました。村上氏以外にも同様の学習方法を紹介している方が多くいらっしゃいます。とても効果的な学習方法です。私自身数年間実施して効果を実感しています。

しかし、欲を言えば、分厚い単語帳を数冊も毎日持ち運ぶのは大変だったりしますし、単語を見ると同時に発音もチェックしたいと思うようになりました。同時にリスニング対策にもなりますし、発音と一緒に見た方が頭に入ってきます。

Webサービスとして実装することで前述の望みを実現できますし、さらに、学習状況の管理や、同じ目標を持った他のユーザーと繋がることで切磋琢磨できると思い、サービスを作りました。

機能面でこだわった点などありますか?

ichi 前述の機能を実現することはもちろんですが、あえて言えば、発音のデータを自動で出力するところです。単語帳を作成する際にユーザー側で発音データを登録する必要はありません。全ての単語の発音データがあるわけではありませんが、発音が分からない単語があれば単語帳を作ってみて発音をチェックするという使い方もできます。

単語帳を作ることで発音まで聞けるというのはちょっと感動しますw

最後に、これからの目標について教えてください。

ichi 英語の成績を上げたい学生さん、TOEICTOEFLや英検などの対策をしたい方、英語を習得してワールドワイドに活躍したいと思っている方など、OneSecが多くの方のお役に立てれば良いなと思っていいます。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

2


Discussion



Recent posts