旅での教訓(成功・失敗)を格言にして投稿するサイトtabi-lesson 開発者インタビュー

1 SHARES

今日は、旅での教訓を格言にして投稿するサイト「tabi-lesson」の開発者のクリノブさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

tabi-lessonは、どんなWebサービスですか?

クリノブ 旅で体験したこと、失敗や成功を教訓にして、それを格言にして投稿するサイトです。その格言によってこれから旅する人が、投稿した人の教訓を活かしてくれるといいなと。旅って特に失敗すると人にあまり言わないんですよね。だから同じ失敗をする人が後をたたない。恥ずかしい旅の失敗を匿名で投稿することによって、楽しい旅をできる人が増えます。自分のためというより、誰かのためになるためのサービスです。

そもそも tabi-lesson を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

クリノブ いまどき旅のメディアはたくさんある。ガイドブックやブログや旅のニュースメディアなど。だけど、「ここに行ったらコレ!」「これだけは忘れるな!」「これで死にかけた!」とかはまとまってない。これまとめサイトにも意外とない。それなら作っちゃえって。

機能面でこだわった点などありますか?

クリノブ 機能面というか、とにかくシンプルにしたかった。なので、投稿する内容はタイトル(格言)とその格言のもとになった体験や理由を書くだけのものが、いくつも構成する感じにしてます。しかも今時ビジュアルは必須でしょうけど、画像掲示も省きました。テキストのみです。

最後に、これからの目標について教えてください。

クリノブ 数値化できないんですが、旅に出た人はみんな一回は書き込んでもらいたいですね。何も教訓のなかった旅というのも、なんだかですし・・・。

Twitterフォロワーは年内には1000名に。投稿数は3ヶ月以内に100は超えたいです。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts