もっと気軽に地図に載せてみよう!MapCat.info - 簡単ソーシャルマップ 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、もっと気軽に地図に載せてみよう!「MapCat.info - 簡単ソーシャルマップ」の開発者のTimさんさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

MapCat.info(簡単ソーシャルマップ)は、どんなWebサービスですか?

Timさん 地図上にキーワード(=タグ)に関連した情報を自由に登録・共有できるサービスです。現在見ている画面のURLSNS等で知り合いに送れば、その人は同じ画面を見ることができます。同じキーワードを見ている人同士ではリアルタイムに情報が更新されるため、共同作業などに使うことができます。簡単なキーワードはパブリックな情報発信に、複雑なキーワードを使えばプライベートな用途(旅の思い出の記録、など)にも使えます。

そもそも MapCat.info(簡単ソーシャルマップ) を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Timさん きっかけは、東日本大震災です。当時私は、液状化の被害のあった地域に住んでいました。壊滅的な被害ではありませんが、街は全身傷だらけのような状態でした。このとき、日常で目にした街の破損や危険個所などを、住民の方々に気付いたその場から投稿してもらうサービスがあれば、自治体の効率的なインフラ管理に役立つのではないか、と考えたのが始まりです。その後、アイデアを練るうちに、用途を限定しない汎用的なサービスに変化していきましたが、当初の思いは忘れてはいません。

機能面でこだわった点などありますか?

Timさん 地図上に投稿できるWEBサービスは他にもありますが、手続きが面倒だったり、タグ付けできなかったり、意外と簡単に使えません。MapCat.infoでは、自由気ままに投稿できます(無秩序な投稿を避けるためログインは必要ですが)。あと、リアルタイムに情報が更新されるので、面白い使い方が見つかるかもしれません。自分では、今のところ思いついていないんですけど!(笑)

最後に、これからの目標について教えてください。

Timさん 汎用的なWEbサービスなので、どのような使われ方をするのか未だわからない部分があります。それが楽しみでもあり、怖くもあります。子供の成長を見守る親の気持ちで、素直な良い子(シンプルで使いやすい)に育つよう、改良し続けたいと思います。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts