ブラウザだけで気軽に使えるボイスチャットアプリVoi-SCAENA(ボイスカエナ) 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、ブラウザだけで気軽に使えるボイスチャットアプリ「Voi-SCAENA」の開発者のVoiさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Voi-SCAENAは、どんなWebサービスですか?

Voi ブラウザ(ChromeFireFox)があれば誰とでもボイスチャットが出来るサービスです。

PCでボイスチャットをする時に専用のアプリケーションをインストールする必要なく、ネットサーフィン(死語?)ついでに誰かと話したいなーと思った時に気軽に誰かとボイスチャットが出来るサイトです。

そもそも Voi-SCAENA を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Voi 過去に声を使って楽しむという趣旨のサイトが有りまして、そこでブラウザだけで不特定多数の人とボイスチャットが出来るという機能がありました。

そのサイトで私はよく「声劇」という、読んで字の如く「声だけで劇をする」遊びをしていました。

声劇というのは色々なやり方がありますが、私の場合はその場に居合わせた人とその場で台本を決めて劇をするというスタイルでやっていたので、この不特定多数の人とボイスチャットが気軽に出来るという事がものすごくマッチしていました。

しかし、そのサイトが閉鎖してしまったため、オープンに気軽に声劇をするとなるとニコ生やツイキャスなどでSkypeなどを使って、その音声をステレオミキサーを使ってニコ生、ツイキャス上に流すという手間を掛けないとオープンな状態ではできない状況になってしまいました。

オープンで声劇をするとその場で初めて合う人と劇が楽しめ、声劇の輪も広がりやすくなるという事でやるならオープンにやりたいなと思っていました。

そういう場が無くなるのは寂しいなと思ったのがこのサイトを作ったきっかけですね。

機能面でこだわった点などありますか?

Voi ボイスチャット中に、話し相手の音量調整ができるようにしたり、誰が話しているかわかりやすいようにしてよりスムーズにボイスチャットが出来るようにしています。

その他、声劇の場を作りたいという思いがあったので、声劇をやりやすいように、より楽しめるように効果音を鳴らせるようにしたり、劇の参加者がどの役をやるかなどを書いておけるボードなどを実装しています。

最後に、これからの目標について教えてください。

Voi 現在使用している人はそこそこいるのですがまだまだ少ないので、これからより多くの人に使ってもらえるようにして、多くの人に気軽に雑談や声劇を楽しんでもらえるサイトにしていきたいです。

そして、このサイトを通じて声劇をする人がもっと増えてくれればいいなと思っています。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts