封筒はがきに宛名を簡単に印刷できるサービスSHUNBIN 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、封筒、はがきに宛名を簡単に印刷できるサービス「SHUNBIN」の開発者のS.Aさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

SHUNBINは、どんなWebサービスですか?

S.A 封筒、はがきに宛名を簡単に印刷できるサービスです。封筒印刷の発注やラベルが不要になりすべての機能が無料で使用できます。既存の宛名印刷ソフトに比べはるかに少ない操作で印刷を行うことができます。クラウドサービスなのでインストールの必要もなく、ログインすればどのPCでも使えます。

※現在はGoogleChromeのみの対応となっています。

憂鬱な毎月2時間の郵送作業が2,3分でできるように

S.A 毎月30通程の封筒の郵送業務があり、ラベルを印刷しこなしていましたが毎月送付先が変わるので2時間ほどの時間がかかっていました。給与明細書などもラベルで行っていましたが、大量にラベルを印刷して作り置きをしていました。しかしエクセルから封筒に直接宛名を印刷できるようにしたところ劇的に作業量が減り2時間のむなしくなる作業がなくなり作業的には2,3分でできるようになりました。

ペーパーレスになっていく時代ではありますが、特に医療系などはんこの必要な書類が行き来する業界ではいまだ郵送は必要なもので他の業界でもお役に立てると思いサービスを作成しました。また年賀状や暑中見舞いなど日本の文化を守りつつIT化を進めたいという思いもあります。

入力はシンプルだけどこだわりの宛名の配置を可能に

S.A 既存のサービスやアプリに比べ格段に少ない入力項目の数におさえシンプルな画面構成にしました。また宛名の配置にこだわり手書きに近い綺麗な封筒、はがきの宛名を印刷をできます。住所録としての機能より宛名面のレイアウトが作成できる機能に注力しています。

最後に、これからの目標について教えてください。

S.A より多くの方に使っていただき簡単に封筒、はがきが作成できるようになることで日本の昔ながらの交流を生産性を損なうことなく可能にしていきたいと考えています。

一般の方が手軽に1,2個作成する際に使用いただいたり、各業界で使用されている顧客管理のシステム(CRM)との連携もできるよう努力しています。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts