プログラミングで作ったアプリやその学習方法を投稿・共有できるサービスEggineer 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、プログラミングで作ったアプリやその学習方法を投稿・共有できるサービス「Eggineer」の開発者のYO@Eggineerさんにインタビューしました。最近公開されたばかりのEggineer。作ろうと思ったきっかけや、苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Eggineerは、どんなWebサービスですか?

YO@Eggineer Eggineer(エッジニア)は、プログラミングで作ったアプリやその学習方法を投稿・共有できるサービスです。自分なりのアプリへのこだわりや、その学習・開発過程を投稿することができます。プログラミングを学んで作ったプロダクトをその学習過程と一緒に、同じようにプログラミングを学ぶ仲間と共有できる場があればいいなと思って作成しました。

そもそも Eggineer を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

YO@Eggineer プログラミングを学びながら、自分もいつかはサービス作ってみたいと思っていて、先人達の「作ってみた」系の話をよく読んでいました。ただ、「作ってみた」系の話って、ブログとかqiitaとか色んな所にバラバラにあって、一箇所にあればなあと思ったのが、きっかけです。あとは、startappさんのようにアプリを紹介するサイトは既にあるけど、その人の学習・開発過程を知りたいという思いがあって、そういった点にフォーカスしたサービスを作ってみました。

機能面でこだわった点などありますか?

YO@Eggineer 投稿フォームですね。Eggineerは一つの投稿で最大1600字書けるので、できるだけ投稿者の方にストレスをかけたくないという思いがあって、placeholder使って例文を書いてみたり、タグ選びも工夫してみたり。些細な事かもしれませんが、ユーザーさんに褒めて頂いた時は、とても嬉しかったです。今後は、読む側にも、もっと読みやすい、見やすいデザインを提供したいと思っています。

制作期間はどれくらいですか?

YO@Eggineer 自分はプログラミングを勉強し始めたのが、201710月頃で、Eggineerを作り始めたのが、2018年の1月中旬、公開したのが3月上旬という感じです。なので、作成には50日程かかっているかと思います。初めてのサービス開発だった事もあり、途中で良い感じのgemの存在を知ったり、データベースを全取っ替えしたりしている内に、あっという間に時間が過ぎていってしまいました笑。

初めてのサービス作りだったのですね。特に苦労された事とかはありますか?

YO@Eggineer サービス開発当初、相談相手がいなかった事ですね。開発について何も分かりませんでした笑。基本一人だったので、自分のペースが早いか遅いかも分からないし、あっという間に1日が終わってしまった時には、とても不安な気持ちになりました。そういう時に自分はいわゆる「作ってみた」系の話を読んで、この人もつまづいていたんだなあと思いを馳せてモチベーションを保っていました。Eggineerもそういう人の手助けができるサービスになればいいなと思っています。

最後に、これからの目標について教えてください。

YO@Eggineer 今週公開したばかりですが、既に8名の方に投稿頂いています。今後はより多くの人に投稿してもらいたいです。直近の目標は2桁の10件、ゆくゆくは投稿数が50件を超えたらいいなと思います。そうすれば自ずと見てくれる人も増えるんじゃないかなと。あとは、自分がサイトを綺麗にしなければなりません。投稿がより映えるように改善していきたいなと。開発終盤になって、デザイン設計がゆるゆるさに気付いたので、今後アップデートして、より見やすい、読みやすいサイトにしていきたいと思っています。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts