四国の音楽を盛り上げるコミュニティサイトMusic459.NET 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、四国の音楽を盛り上げるコミュニティサイト「Music459.NET」の開発者のshirotamaさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサイトが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Music459.NETは、どんなWebサイトですか?

shirotama 四国のミュージシャンを応援するサイトです。

ミュージシャン間、ミュージシャンとファンの交流が主な目的で、掲示板機能により情報交換や個人間のメッセージのやりとりが出来ます。

バンドの宣伝、ライブの告知などトピックスなどを利用して拡散することが出来ます。

またサブコンテンツとして管理人発信で四国を中心とした音楽情報の発信などをしていきます。

そもそも Music459.NET を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

shirotama プロアマ問わず、四国には大勢のミュージシャンの方がいます。また、4県それぞれでもフェスなどが開催され全く音楽的な場が無いわけではありません。ただ、やはりそういったイベントなどは全国区のプロがメインとなったイベントばかりです。

地場のイベントもありますが、必ずしも集客が十分とは言えない状況です。

そういった中で、地元に根差した活動をしているミュージシャンの助けになればと思い立ち上げました。

機能面でこだわった点などありますか?

shirotama オープンであることと簡単であること。

既存SNSをミックスし、ログインなどの手順を簡略化、またより人の目に触れコミュニケーションを活発に行ってもらうために、トピックスへのアクセスは登録ユーザーでなくても閲覧、返信可能です。

理想はミュージシャンがわざわざ無い時間を使用してホームページやブログの管理をするという手間をなるべく排していける事です。

最後に、これからの目標について教えてください。

shirotama 中の人も実は音楽をしていた人間です。自分がやっていて感じた事や、こういうものがあればいいのにという思いを込めました。

ミュージシャンそれぞれに、色々なスタンスがありますが、ライブを見てもらって、楽曲を聞いてもらってなんぼ。という世界だと思います。

Music459.NETを通じて出来たコミュニティで大きなイベントが出来たり、ここで出会ったメンバーが組んだバンドが有名になったり、音楽で食べていけるようになる人が出てくればいいな。と思います。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts