退屈な毎日を冒険に変えるWEBサービスClanberry -クエストボード- 開発者インタビュー

4 SHARES

今日は、退屈な毎日を冒険に変えるWEBサービス「Clanberry」の開発者の山縣一真さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Clanberryは、どんなWebサービスですか?

山縣 クエストと呼ばれるお題が毎日ランダムに配信され、それをクリアしていくWebサービスです。ユーザーがクエストボードと呼ばれるフォームにクエストを投稿し、それをこちらが集めて、登録ユーザーに毎朝配信します。単純に質問であったり、〇〇をしてくださいみたいな挑戦系まで様々ありますが、質問箱のように個人宛に送るわけではないので、必ず毎日クエストが来ますね。

そもそも Clanberry を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

山縣 「ランダム」って言葉がキーワードでしたね。今のネットサービスって「あなたへのおすすめ」とかみたいにどんどん自分に最適化されていくじゃないですか。Googleでちょっと検索しただけでYouTubeの広告がそれになったりしますもんねw それはそれで凄い便利だし、自分に合ったものをたくさん知れると思うんですが、自分のコンフォートゾーンみたいなものから抜け出して、新しい可能性を手に取る機会がネットには少ない気がして。

このWebサービスの話をするときに、私はよく本棚を例にとって話しています。自分の本棚って、自分の買った本や読んだ本だけが基本並んでいるので、興味のあるものばかりですよね。でも反対に家族全員が同じ本棚に置いてるみたいな家族の本棚って、自分の本だけじゃなく、お父さんとかお母さんとか兄弟の本も一緒に置いてあって、自分の本を取りに行ったのに他の人の本に興味惹かれて、別に読むように勧められていなくても手に取ることってあると思うんですよね。

なんか自分はインターネット上のサービスでそういう「家族の本棚」みたいなことをやりたいなと思って作り始めました。

Clanberryはどのようなところをこだわりましたか?

山縣 まずは名前ですねw あまりあれこれ過程を話しちゃうと夢がなくなっちゃうのであえて言いませんが、Clanberryの名前の由来は果物のクランベリーです。でも果物のクランベリーのスペルってcranberryなんでRなんですよね。これは別にミスじゃなくて、ゲームとかでグループを組む時にギルドと言ったり、あとクランって言ったりしますよね。そのクランはclanなんです。だから、そういうクランと果物のクランベリーを合わせた造語って感じですね。clanには一族っていう意味がって、人々をこのサービスの力で繋げていけたらいいなって思いが込められています。

あとは、デザインとか世界観作りとかも自分なりのこだわりを持ってつくっています。このサービスは今は存在感も機能も少ないですが、自分の中では壮大な構想があったりしますからw

作る過程で大変なことや苦労したことはありましたか?

山縣 当然ありましたね。まずそもそもなんですが、このWebサービスは僕一人で作ったわけではなく、僕の大学の友人のいけだ君(Twitter @k21_ikeda )の協力があったから作れたものです。初めは僕自身がプログラミングを覚えて作ろうとしていたんですが、なかなか苦戦していてw そしたら彼が「俺がコードを書いて、山縣が企画をやるというのはどうだ」と言ってくれて、それでこのサービスの制作が開始しました。だからまずはそこがターニングポイントだったし、僕の思い描いていたものを形にしてくれた彼には感謝しています。

そしていざ制作がスタートすると、初め思っていたアイデアでは足りないものがどんどん見えてきて、それはプログラミングの方でもアイデアの方でもどちらでもです。そこを一つ一つタスク管理アプリで共有しながら解決していって、大変でしたが、でも凄く楽しかったです。

今後はどういう機能の追加やサービスの発展を考えていますか?

山縣 言えるものと言えないものがあるんですが、この記事が公開されるときにはもしかしたら実装されてるかもしれませんが、クエスト内容のアイキャッチ画像の追加ですね。今は一枚のアイキャッチを使いまわしているんですが、そうするとTwitterに投稿した時にすぐにクエスト内容が確認できないので、そこをクエスト内容の書かれた画像にします。

あとはクエストの種類をいろいろ増やしていって、サービスとしての幅を広げていきたいと思っています。

最後に、これからの目標について教えてください。

山縣 まずはこのClanberryを多くの人に使ってもらって、「面白い」と言ってもらえるようにすることですね。僕自身は自分のサービスを毎日使ってるんですが、凄く楽しいんです。自分がいいと思っているものはみんなにも使って欲しくて、サービスのいいところをうまく知ってもらって、「最近ハマってる」「朝起きたらデイリークエストを確認するのが日課になってる」なんて言われるようになったらほんと幸せですねw


SHARE

応援したいと思ったらシェア

4


Discussion



Recent posts