ネコになって本音を言えるWebサービスNyaaan 開発者インタビュー

28 SHARES

今日は、ネコになって本音を言えるWebサービス「Nyaaan」の開発者のMorixさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Nyaaanは、どんなWebサービスですか?

Morix 一言でいうと「にゃーん」ってつぶやけるサービスです。恥ずかしかったり愚痴だったり普段TwitterなどのSNSで言いにくいことってあるじゃないですか?

それをうちのサービスで書き込んでもらえると「にゃーん」ってネコの鳴き声でSNSでシェアされるようになるサービスなんです。

そもそも Nyaaan を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Morix なんか会社で嫌なことがあって愚痴りたいなーと思ったんですよ。でもはけ口がないし、Twitterにでも書いてやろうと思って入力欄に愚痴を書いたんですね。でもそこで思いとどまってツイートしないままそっ閉じ。

こういうこと結構あったんですよ。

なんでそっ閉じしたかっていうのは、SNSを汚したくなかったからかなぁ「こいついつも愚痴言ってんな」ってのは思われたくないなぁと()

そんなとき「にゃーん」ってつぶやくんじゃないかなぁと思ったんですよね。あ、よくTwitterだと「にゃーん」ってつぶやいてる人いるじゃないですか?それからイメージして作りました。

ではこのサービスの使われ方も愚痴がメインですか?

Morix 愚痴は当然あると思いますね。でもね、恥ずかしいことも言ってほしいんですよ。

僕は妻が大好きなんですけど、Twitterは妻も見てるし他の知り合いも見てるし、なんか恥ずかしいじゃないですか()なので、そういう愛情とか感謝とか普段言いづらいことも「にゃーん」に乗せて言ってほしいんですよねぇ

あと映画とかマンガのネタバレも「にゃーん」に乗せてみてる人とかもいらっしゃるみたいなのでそういう使い方もありそうです。

機能面でこだわった点などありますか?

Morix とにかく「かわいい」を重視しました。ネコをテーマにするので、とにかく可愛くしようと。

僕デザインとかすごく苦手なので苦労しました「かわいい」ってなんだよ!?って…()

あと地味に404ページがお気に入りです。気になる人は存在しなさそうなURLをブラウザで見てみてください。

今後はどのような機能が追加される予定ですか?

Morix まずは自分の鳴き声を他の人から翻訳(ネコ語翻訳という機能がある)出来ないようなオプションを追加することです。誰にも見られたくないけど吐き出したい想い、というものをターゲットにしようかなと。

あとはネコの鳴き声も増やしたいですね(笑)

最後に、これからの目標について教えてください。

Morix いま使っていただいているユーザさんに居心地のいいサービスにしていきたいです。どんどん居心地よくしていって「ここはいいところだよ〜」ってユーザーさんがユーザーさんを呼ぶ形でサービスが拡大していけたらベストだな〜と思ってます。なので、どんどん要望をもらえたらと思います!


SHARE

応援したいと思ったらシェア

28


Discussion



Recent posts