謝りづらいコトを謝って気持ちが楽になるサイトごめんね.com 開発者インタビュー

1 SHARES

今日は、謝りづらいコトを謝って気持ちが楽になるサイト「ごめんね.com」の開発者のごめんね.comさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

ごめんね.comは、どんなWebサービスですか?

ごめんね.com どうしても謝りづらいコトってありませんか?そんなときの為にあるサイトです。

謝りたいけど、謝る機会が無かったり、自分から謝ることができない時はありませんか?一人で抱え込まず、ここで謝りたい事を話してみましょう。

謝りたい相手には届かないかもしれませんが、心なしか少しすっきりするはずです。

そもそも ごめんね.com を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

ごめんね.com なんでも素直に謝ることって大事だと思いませんか?

本当は謝りたいけどなかなか素直に謝ることができない人って実は結構多いんじゃないかと思って、そんなときまずはこのサイトで謝ってみれば、少しは気持ちが楽になるんじゃないかと思います。

例えば、仕事で大きなミスをしてしまって、まだ報告していない・報告できないでいる、そんなときにこのサイトで匿名で謝ってみてほしいです。きっと気分が楽になると思います。

それをきっかけに現実世界の方でも、謝れる勇気を持つことが出来ればいいなと思っています。

機能面でこだわった点などありますか?

ごめんね.com 匿名での利用が可能なようにSNSアカウントでのログインが簡単にできるように作成しました。ログインから投稿までがスムーズに行えるように工夫しています。

SNSアカウントを持っていない人でのメールアドレスの登録で利用が可能です。投稿するときのハンドルネームは自由なので「匿名希望」とかでもOKです。

どのような人に使ってもらいたいですか?

ごめんね.com とにかく謝りたいコトがあれば誰でも自由に使ってほしいです。どんな些細なことでも、「ごめんね」とひとこと謝ることができるようなサイトなので。

なかなか謝る勇気が出ない人にも使ってみてほしいですね。

最後に、これからの目標について教えてください。

ごめんね.com 友だちとの約束を破ってしまったり、仕事でミスをしたり、誰かを傷つけてしまったとき、素直に謝ることができる人が増えるといいなと思っています。

そのキッカケを作るサイトになっていってほしいです。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts