ワイン初心者向けのワイン情報サイトみんなのワイン編集部インタビュー

5 SHARES

今日は、ワイン初心者向けのワイン情報サイト「みんなのワイン」の開発者のみんなのワイン編集部さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

みんなのワインは、どんなWebサービスですか?

みんなのワイン編集部 ワイン初心者が気軽に楽しめるワイン情報を集めている情報サイトです。

「ワインを気軽に楽しむ」をコンセプトに、永遠のワイン初心者である「みんなのワイン」編集部メンバーがピックアップしたニュースやワインデータをご紹介致します。ワインアイテムの使用レポート、イベントやサービスの体験レポートも掲載していて、とにかく「ワイン初心者の目線」でワインに関係する物事をご紹介しています。

そもそも みんなのワイン を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

みんなのワイン編集部 日本では、ワインはまだまだ「敷居の高いお酒」というイメージがあると思います。専門知識なしには楽しめないお酒、というイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、イタリアやフランスなど、古くからワインに親しんできた文化では、もっと気軽にワインを楽しんでいます。氷を入れたりジュースで割ったりと、自由に楽しんでいるんですよね。

せっかく最近はリーズナブルなワインが増えてきて身近な存在になってきているのに、試験や試合のようにかしこまって味わうだけではなんだかもったいない気がする、日本でももっと自由に楽しむ風潮になったらいいのにな、という思いがあり、サイト設立に至りました。

「みんなのワイン」にはどういうコンテンツがありますか?

みんなのワイン編集部 ワインのイベントや新サービス、新商品などワインに関するニュースをご紹介したり、編集部員がイベントやサービスを取材した体験レポート、ワイン用語の解説といったコンテンツがあります。そのほか、ワインデータをまとめているワインデータベースがあり、こちらは現在(20192月時点)1500本近いワインの情報が集まっています。

どのコンテンツも、「みんなのワイン」編集部員がワイン初心者の目線で作っています。逆に言うと、ワインの味わいの表現などは、ワイン専門家の方々からは眉を顰められてしまうような内容もあるかもしれません。しかし、ワイン初心者に共感してもらいやすくまた参考になるのは「ワイン初心者の感想」だと考えていますので、味覚などの感覚的な情報では、あえてストレートに感じたままを表現しています。

最後に、これからの目標について教えてください。

みんなのワイン編集部 大きな目標は、「日本のワイン愛好家の増加に貢献すること」です。また、葡萄栽培から醸造までを日本国内で行っているワインを「日本ワイン」と言いますが、この日本ワインがもっと多くの方に親しまれるように、ワイナリーさんのご紹介などを通じてお手伝いしていきたいと考えています。そのためにも、まずは、「これからワインも飲んでみようかな」という方に参考にしてもらえるサイトとして知名度を高めていきたいです。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

5


Discussion



Recent posts