アップロードした写真にAIが一言ボケてくれるWEBサービスボケさせて(BOKESASETE 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、アップロードした写真にAIが一言ボケてくれるWEBサービス「ボケさせて(BOKESASETE)」の開発者のchitamanoさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

ボケさせて(BOKESASETE)は、どんなWebサービスですか?

chitamano 「ボケさせて(BOKESASETE)」は、ユーザーのアップロードした写真にAIが一言ボケてくれるWEBサービスです。機械学習による画像解析技術を利用し、数ある殿堂入りレベルのボケの中から一番 “しっくりくる” ボケを抽出します。

そもそも ボケさせて(BOKESASETE) を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

chitamano エンジニアである筆者が、自身のスキルアップの一環で作り始めました。業務ではなかなか触れることがなかった「サーバーレス × 機械学習 × SPA」について勉強してみることにしたのですが、ネット記事やサンプルコードを眺めていてもピンとこなかったので、一から自分で作ってみました。

機能面でこだわった点などありますか?

chitamano 「ボケさせて(BOKESASETE)」では、ユーザーがアップロードした写真に対して、機械学習による画像解析技術を利用し、一番 “しっくりくる” ボケを抽出します。このとき、単純な画像比較処理を行うのではなく、「なんとなく雰囲気の似ている写真のボケ」が抽出されるよう、画像解析/検出処理のロジックを工夫しました。

最後に、これからの目標について教えてください。

chitamano まずは多くの方に「ボケさせて(BOKESASETE)」を知って頂くことです。機能面では、ユーザー間のコミュニケーション機能強化と、様子をみて(iOS, Android)アプリとかも作ってみたい。あと、ボケ(お題画像)の収集を自動化できたら面白いかもしれない。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts