不動産物件それぞれが持つ『いいとこ』を研究するウェブマガジンサイト物件いいとこ探し e-toco 運営者インタビュー

1 SHARES

今日は、不動産物件それぞれが持つ『いいとこ』を研究するウェブマガジンサイト「物件いいとこ探し e-toco」運営のe-toco研究員さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、不動産業界において画期的なポイント、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

物件いいとこ探し e-tocoは、どんなWebサービスですか?

e-toco研究員 不動産物件それぞれが持つ『いいとこ』を研究するウェブマガジンサイトです。間取図や写真や物件概要を見ただけでは気付きにくい良さを、不動産業界のプロがピックアップして、キャラクターによる会話形式でご紹介します。自分に合う不動産物件の探し方を楽しみながら学べるコンテンツをご提供しています。

そもそも 物件いいとこ探し e-toco を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

e-toco研究員 『不動産物件の探し方に一石を投じたい』と考えたのが最初のきっかけです。不動産物件を探す時、多くの方は、物件の価格や立地、広さといった条件で大きなふるいにかけている傾向があります。でも、そんなざっくりした条件だけで、その人にとって本当に必要な物件と出会うのは難しいんじゃないか……と、不動産業界に長年関わってきて感じることが多く、もっと個人のニーズときちんとマッチングできるような物件紹介を行う必要があるのではと、そのプラットフォームとして実験的にスタートしたのが「物件いいとこ探し e-toco」です。

物件いいとこ探し e-toco は従来の物件紹介サイトとどう違うのでしょうか?

e-toco研究員 物件を1つずつ、キャラクターによる会話形式で紹介するというスタイルが新しいポイントです。不動産物件探しでよく使われている大手ポータルサイトなどは、物件の写真や概要、セールスポイントが整然とフォーマット化された、いわば物件のデータベース的な紹介の仕方がほとんどです。そうしたサイトですと、物件同士を比較して見る形がメインになってしまって、自分のライフスタイルに合っている特徴などを見過ごしがちです。「物件いいとこ探し e-toco」は、逆に、物件を1つずつ、細かなところにも目を向け、擬似的に物件内覧しているような形式で紹介します。物件を細かく良いポイントやデメリットを会話形式で紹介していくので、読み物として楽しめる作りになっているのも従来と異なる点です。不動産業界を長く経験しているプロが丁寧に解説していますので、読むだけで不動産の知識が身につくようになっているのも新しい点かもしれません。

資産価値などの点で好条件な物件が「良い物件」なのではないのでしょうか?

e-toco研究員 確かに、資産価値も条件として重要な点ではあります。でも、実際住むのであれば、やっぱりご自身のライフスタイルに合うかどうかは、時として資産価値よりも重要な条件になるはずです。一生に一度レベルのお買い物である不動産は、実はとてもプライベートな部分のマッチングが必要なはずで、服や靴といったものよりもずっと「自分たちのニーズに合うかどうか」が重要視されるべきです。注文住宅を建てる場合にも、自分のニーズや事例の把握が不足していると、後から「ああすればよかった!」というのが出てしまいますし、住まいとご自身のマッチングをしっかりと行うことは重要ではないでしょうか。また、悪い点も、見方を変えると良い点になることがあります。例えば、潮風が苦手な方にとっては海沿いの住まいはNGな物件ですが、海の近くに住みたいと考えている方にとってはピッタリの物件になりますよね。誰かにとっての「悪い物件」は自分にとって「良い物件」になるかもしれないんです。不動産物件を探す方にとって、「物件いいとこ探し e-toco」がご自身のニーズや条件の優先順位を見つめ直すきっかけとなれば……と思います。

どんな人が物件を分析しているのでしょうか?

e-toco研究員 日本国内の3000棟以上の物件を取り扱ってきた、経験豊富な宅地建物取引士です。居住用・投資用、また新築物件、中古物件、土地、倉庫や事務所など幅広い物件を見てきただけでなく、ワケあり物件も多く取り扱ってきました。不動産物件を求める人の数だけ様々なニーズがある、ということを熟知しているスタッフが、物件の持つポイントを分析し、「この物件がオススメな方」もプロファイルしています。

物件いいとこ探し e-toco の掲載の流れやマネタイズはどのようになっているのでしょうか?

e-toco研究員 運営元である株式会社システムエイトは、不動産物件の間取図や地図、マイソク(広告チラシ)Webサイト制作を行っている会社です。弊社では、年間1,000棟以上の物件をチェックしているだけでなく、先程もご説明したとおり、ワケあり不動産物件の担当経験が豊富なスタッフがおり、不動産物件が持つそれぞれの良さを見つけることに長けています。お取引先の不動産会社様からご提供いただいた物件を弊社内で分析し、「物件いいとこ探し e-toco」に掲載します。掲載にあたって初期費用や月額利用料金はいただいておりません。掲載ページへの反響1件ごとの、完全反響課金型で運営しております。

最後に、これからの目標について教えてください。

e-toco研究員 現在、物件は東京と神奈川を中心に掲載しているのですが、いずれ全国に展開したいと考えています。さらには、物件紹介で蓄積した知見および業者ネットワークを活かし、不動産物件を探す方々に向けたコンシェルジュサービスを展開すると同時に、不動産業者様向けにも反響データやアクセス数等を分析し、不動産販促活動のサポートをすることを目指しております。不動産物件の需要と供給の円滑化に貢献したい、というのが「物件いいとこ探し e-toco」の願いです。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

1


Discussion



Recent posts