のし紙の自動作成サービスのし王 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、のし紙の自動作成サービス「のし王」の開発者のMatsubaraseさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

のし王は、どんなWebサービスですか?

Matsubarase のし紙を簡単に作成できるサービスです。用途を選ぶと、「水引き」を「表書き」が自動で選択されますので、その後お名前などを入力していただきます。仕上がり状況はほぼリアルタイムで確認できますので、これを見ながら微調整していただき、完成したらPDFので保存することができます。ご自宅やコンビニのプリンタで印刷すれば、そのまま使えます。無料で利用でき、のし紙自身に広告などは入りません。

そもそも のし王 を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

Matsubarase ちょっとした御礼などで品物を送る際、のし紙が必要になることがありますよね。Web上で作成できるアプリはありましたが、どの「水引き」を選んだらよいかよく分からず、色々と調べて回るのが大変でした。また、最後まで仕上がりがどのようになるかよく分からない点で不満がありました。

機能面でこだわった点などありますか?

Matsubarase 作成のきっかけとなった不満をすべて解消できるように作りました。具体的には、用途に応じて適切な「水引き」と「表書き」を簡単に選択できるよう留意しました。また、ほぼリアルタイムで仕上がりを表示するなど、UIにも気を配って作りました。

最後に、これからの目標について教えてください。

Matsubarase まずはのし紙の王様をめざします!その他、自分が欲しいと思ったツール、既存のツールだけでは不満点が残るものは、どんどん作っていこうと思います。その後、のし紙に王子様を経て、のし紙の王様になります!!!!


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts