強力な暗号化を実現したファイル転送サービスLockr 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、強力な暗号化を実現したファイル転送サービス「Lockr」の開発者の曽根さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

Lockrは、どんなWebサービスですか?

曽根 高度なセキュリティをシンプルな操作で実現したファイル転送サービスです。

従来の多くのファイル転送サービスと違い、暗号化をエンドtoエンドで行う (送信者が暗号化し受信者が復号化する) ため、運営者でさえファイルの中身を知ることができません。万一サーバーがハッキングされたとしても情報が漏洩することはありません。

また、サーバー側でも暗号化を行い、削除時に暗号鍵を破棄することにより、転送が終了した暗号化データをサーバーから復元することもできません。

操作はとてもシンプルで、ファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードボタンを押すだけで、ダウンロードURLが表示されます。複数ファイルを一括でアップロードすると自動的にZIP化する機能も備えています。

そもそも Lockr を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

曽根 従来よく使われているファイル転送サービスは、セキュリティの観点から見るととても良くできていると言えるものがありませんでした。

ブラウザの機能が進化して、ブラウザ自体で暗号化ができるようになり、このようなサービスが作れるのではないかと思ったのがきっかけです。

機能面でこだわった点などありますか?

曽根 一番のこだわりはもちろんセキュリティです。セキュリティを検証していただくことができるよう、GitHubでソースを公開しています。

もう一つのこだわりはシンプルであること。必要最低限の操作でファイル転送が行えます。

最後に、これからの目標について教えてください。

曽根 まずは、たくさんの人に使っていただくことです。それからコストを見ながら容量の拡大などサービスを広げていきたいです。会員登録、企業向けの機能など、考えていることはたくさんありますので、期待してください!


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts