チームの文書作成・活用を効率化するSaaS型ソフトウェアflouu 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、チームの文書作成・活用を効率化するSaaS型ソフトウェア「flouu」の運営企業であるプライズ株式会社のCEO内田 孝輔さんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

flouuは、どんなWebサービスですか?

内田 孝輔 内田 孝輔 : flouu(フロー)は文書を見ながらできるリアルタイムコミュニケーション機能、同時編集機能つきWYSIWYG(見たまま編集できる)エディター、直感的なドキュメント管理画面など、多くのビジネスパーソンにとって文書作成がしやすく工夫された機能・UIを特徴とした、SaaS型文書作成・活用ソフトウェアです。ツール提供に留まらず、文書作成・活用の課題を解決するためのflouu導入支援サービスも提供し、企業の生産性向上を支援していきます。

そもそも flouu を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

内田 孝輔 内田 孝輔 : 代表である私はこれまでコンサルタント、大企業での新規事業責任者、スタートアップの役員を経験する中で、日々長時間労働に追われていました。当社を創業後、働くひとの当事者として価値を最大化するテーマを模索している中で、自身の労働時間の多くを文書作成に費やしていたという課題感を持ち、テクノロジーにより文書作成・活用の効率化を推し進める「flouu」の構想に至りました。

機能面でこだわった点などありますか?

内田 孝輔 内田 孝輔 : サービスをリリースする中で意識した点は2点あります。1点目は誰にでも使いやすいサービスであることです。MarkdownではなくWYSIWIGエディターの採用や、直感的なドキュメント一覧画面、文書作成画面の右側にチャット欄を常設するなど、文書の内容をチームで検討し、完成させるためのプロセスをイメージし、そのプロセスがflouuで完結するように機能を設計・実装していきました。2点目は、ただのツール提供で終わらせない、という点です。ほぼ全ての企業には、これまでのプロセスで作成してきた文書があり、そのプロセスと文書をいきなり新しいツールに移行するのは非常に難しいことだと思います。弊社では、専門のコンサルタントがお客様と移行の方針を議論し、移行の作業までご支援することで、文書作成・活用の課題を解決するところまで踏み込んでいきます。

最後に、これからの目標について教えてください。

内田 孝輔 内田 孝輔 : 現在公開しているサービスは私たちのflouu構想の入り口でしかありません。今回リリースしたドキュメント形式のサービスのみでなくスライド形式の文書への対応や、作成した文書の活用のためのサービスなど、文書作成・活用の課題の解決に資する機能・サービスを速やかに展開していくことで、国内だけで3,000万人はいると言われているホワイトカラーの生産性向上に貢献していきたいと考えています。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts