Vtuber動画のミドコロを可視化するサービスミドコロAI 開発者インタビュー

0 SHARES

今日は、Vtuber動画のミドコロを可視化するサービス「ミドコロAI」の開発者の藍屋えんさんにインタビューしました。今ひそかに話題を呼ぶWebサービスが生まれたきっかけや、開発で苦労した点、そして今後の展開などいろいろ聞いてみました。

ミドコロAIは、どんなWebサービスですか?

藍屋えん AIVtuberの動画を学習して、その見所をスコア化し、動画中の見るべき箇所を視覚化することで、忙しい人でも短時間で動画を見られるように手助けするサービスです。

動画プレイヤーとミドコロを可視化したグラフを並べて、プレイヤーとグラフが連動することで、ミドコロの箇所にワンクリックで飛ぶことができます。

そもそも ミドコロAI を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

藍屋えん 近年ますます注目を浴び躍進するVtuber達の配信ですが、その配信の多くは数時間に渡るものです。

長時間の配信をながら見するのもVtuberの魅力の一つではありますが、常に時間に追われた現代人にとって、長時間配信を見続けるのは厳しいものがあります。

そんな中、動画の一部を切り抜いてアップロードするといういわゆる「切り抜き動画」の需要も高まりつつありますが、コピーコンテンツが増えるのは余り望ましい形とは言えないと思います。

そこで、「切り抜かない切り抜き」ができないかという着想からこのサービスを作りました。

機能面でこだわった点などありますか?

藍屋えん スコアと動画プレイヤーの連動がなるべく自然になるように微調整をしました。

また、ミドコロSkip機能によって、スコアの高い箇所のみを自動再生することで、ミドコロのグラフを見る暇もないほど忙しい人でも使えるように工夫したところです。

最後に、これからの目標について教えてください。

藍屋えん まだまだ学習途中でAIが未熟なため、うまくスコアリングできないこともあります。今後はよりAIのスコアリング精度を高めていきたいと思います。

また、他のAIの面白い使い道についても模索していけたらと思います。


SHARE

応援したいと思ったらシェア

0


Discussion



Recent posts